自然美の国、クロアチア 1

今回は10日間でクロアチアを旅してきました。そして、齟齬のユリ君住むドイツを10日間と3週間ほどイギリスを離れていたんですよね。

実は旅を計画していた最初の頃はこの3週間でユリ君と共に日本に帰ろうってことだったんです。ただ、今年僕の地元、阿蘇は大きな地震に見舞われ大きな被害が。それでも帰る予定をしていたのですが、母親から留守電がある日残っていて、”今は、大変だから。もっと、阿蘇が復旧してから帰ってきてほしい。”とのメッセージが。本当は無理してでも行きたかったのですが、被害にあって大変な思いをしているのは僕の両親。彼らの意見を尊重しないとね、ということで中止に。

その後、ギリシアのロドス島が候補に挙がっていたのですが、ダメになって。クロアチアへと決まりました。

どこか暖かなところに行きたかったのと、安めの航空チケットが手に入ったのが大きな理由なのですが。

そこから僕たちが何をしたいか。どこに泊まるか、どのような交通手段を取るのかを決めて、準備万端に備えての出発。

ミニと旅行をする時は、現地での行動や情報収集をするのは僕の役割が大きかったので、準備していたら、ユリ君も得意らしくちゃっかりと情報を集めていました。なので、僕はホリデーアパートの近くのスーパーの情報やレストラン情報をすることに。

ただ、クロアチアの飛行機はドイツ中西部のデュッセルドルフからなのでユリ君の家からまずは電車で数時間の移動。そして、1時間ほど飛行機が遅れながらもアドレア海に面する都市、ザダーに到着。

飛行場を出たのが夜の9時3分。”後、3分早ければ、9時のバスに乗れたのにね。次のバスまで1時間待ちだね。とりあえず、バス停探そう。空港の到着口出てすぐにあるらしいよ。”と探す僕たち。空港の出口から、建物の周りを5分ぐらいグルグル回っても見つからない、、、。バスの並んだ駐車場に行くけれどもここはどうも観光バスだけ。

”一旦戻ろうか。”と空港の出口に。”それにしてもバス停どこにあるんだろうね。” とふと出口の真横を見たら。ものすごく小さいサインでバスの絵が。それにバス会社の名前。けど、どこに行くかとかの記載はなし、、、。

”ここかな?ま、時間もあるしここにいよっか。”と時計を見ると9時10分。

そこに一台のバスが。そのバスに向かって人が集まってきて、よくバスの車体を見ると”ザダー市内行き”とある。クロアチアはどうやら定刻でバスが走っていないらしくて、助かった僕たち。

ホリデーアパートに着いたのが午後10時過ぎ。大家さんが優しくフレンドリーで、近くのスーパーが夜中まで開いているはずだから買い物に行くと僕が言うと、”念のために電話してあげるよ。”と電話をスーパーにしてくれました。

勝手の違うクロアチアのスーパーで少し戸惑いながらもちゃんと買い物して、眠りに。

クロアチア初日はほんの数時間。だけど、面白い旅になりそうな始まりとなりました。

 

 

2 thoughts on “自然美の国、クロアチア 1

  1. こちらのブログには初コメントかな。
    かっこいいブログだね!! 🙂

    クロアチア、今まで3回行ったことがあるんだけど、
    首都のザグレブだけなの。
    今年の夏、ドゥブロヴニクに行こうと、
    計画を立て始めたはいいけれど、予算オーバー。
    結局ギリシャ行きの飛行機に乗りました(笑)
    旅ブログの続き、楽しみにしてるねー。

    1. そうだったんだねー。ドブロブニクには数年前に行ったけど、素敵なところだったよ。だけど、1日あれば十分な小さな要塞都市だよ。

      そっか、だからギリシャだったんだね。僕たちと真逆でおもろいね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *