大事な人がいる週末

朝から忙しくしていて、午後にゆっくりとした時間が取れた土曜日。ものすごく穏やかな空が広がっていたので、”これは走りに行かなきゃ!”って思って、走ってきました。夕方3時半過ぎの公園は春めいているというか、秋の雰囲気があって家族連れや犬を散歩する人々で溢れていました。その中を縫うようにジグザグとかわしながら走るのも、また楽しいものですね。

先週のこの時間はユリ君がいたんです。バレンタインデーの日は平日で過ごせないので、その前の週末に来てくれました。その週の初めに祖父が亡くなって、その話を聞いたその夜は寝つきが悪くて、、、。その次の日のユリ君のイギリス到着は僕にとっては物凄く穏やかな安らぎをくれて、ゆっくりと休めました。

そんな週末はお互いの手料理を日ごとに作り合いました。手料理って、自分で何をどれだけ使うかわかるし、自分のために作ってもらった料理って味も格別ですよね。

まずはユリ君の作品。ツナステーキに、マンゴー、赤とうがらしとパプリカの付け合わせ。

僕が作ったものは、豚肉とポークを煮たものにコーンとお米を合わせたもの。りんごの甘さが豚肉との味に素敵に絡まって癖になる味でした。ちなみに背景にある白いバラはユリ君からのバレンタインデーの贈り物です。去年は赤のバラで、今年は白。去年は切り花だったけど、今年は鉢植えなので上手に育てられたらなって思います。

 

もう一品は野菜をたくさん(ズッキーニ、ポテト、ブロードビーン、ブロッコリー)と鳥の胸肉を煮込んで、ハーブのタラゴンを添えたもの。

 

僕からのバレンタインデーのプレゼントは、”自宅で体験、映画館”。まずは映画に必要なものを用意。ポップコーン、チョコレートのドリンク。(ユリ君はお酒を飲まないのでチョコレートティーというものを買いました。これが、あまりに不味くてびっくりしたんですけどね。)

テレビの前にマットレスを敷いてクッションを置いて映画館にあるようなラブシートにして映画鑑賞。今回はNormal Heartというエイズ感染が明るみに出てきた80年代初めを舞台にしたHBO制作の映画でした。心に響く一作で、ゲイの人はもちろんのこと、すべての人がこの映画を見て、初期エイズ患者の人々がどれだけの苦労をしたのか、またその状況を改善しようとLGBTの人々が戦ったのかを知ってもらえればと思っています。

ちなみに僕の自宅映画館の感じはこんな感じ。

ユリ君からは、”首のあたりの支えがなかったので。首が痛んだ。”との苦情が。改善の余地がありそうです。

映画の予告版はこちら。

書かなきゃ怒られるね。

今日は仕事が休みだったので、勉強を1日じゅうして終わった日となりました。これから2月の初めまで行事や予定が結構詰まっていて、”時間が足りないよー。”状態なのですが、頑張って一つずつこなしていきたいと思います。

そんな頑張ってっる自分にと今日は夕飯にタイ料理のグリーンカレーを作りましたよ。野菜もたっぷりだし、鶏肉もココナッツベースのスパイシーなスープの中で美味く調理されました。お米は白米とブラウンライスを混ぜたものをチョイス。

けど、あまりに食べ過ぎて少しお腹がパンパンです。

と、夕飯のことを書いていてあることを思い出したんですよね。

ユリ君の手料理のこと。

ドイツにいる時に彼が時働いている時は僕が料理を(僕はラザニア、ブリジリアンタコス、ドリアを調理。)で、ユリ君が仕事が休みの日はユリ君が作ってくれたんです。

今回の旅にはカメラを持参していたけど、あんまり写真を撮ってなくて、、、。だから僕の作った料理の写真はないのですが、、、。ある料理を作った時にユリ君が、”写真撮る?”って聞いてきた彼の手料理があって、、、。撮りっぱなしで記事にするの忘れてました。

実はね、僕のブログチェックして見てるようなんですよ。スカイプで話している時とかに、”こないだの写真、前のクロアチアの時のじゃない?”とか言われるんです。だから、”あの手料理の写真の記事まだないぞ、、、。”ってどこかで思っているのかも。

最初の頃は僕がどんなことを書いているのか興味があったらしく、グーグル翻訳で英語に変えていたようですが、あまりにも翻訳がひどくて意味がわからないのでそれは止めたよう。

では、ユリ君の自信作がこちら。

 

えっ、、、、。オーブン焼きのカボチャ?????って思うでしょ。けど、これカボチャを容器にしてあるんです。中身はこんな感じ。

 

 

ひき肉とチーズ、玉ねぎのまぜ合わせが入っているんですよね。これを食べる時のはケーキのように4頭分に切って食べるんです。その時にカボチャの身も削って一緒にいただく。健康と不健康のドッキグのようなこの一品。美味しかったですよ。

こんな遊び心ある料理っていうのもいいですよね。

穏やかな週末

ドイツから帰ってきたのが月曜日の夜で、家に着いた時には深夜を回り火曜日に。

両親と祖母に新年の挨拶ができてなかったなと思い、スカイプコールを。それからベッドに入ったのが午前2時。朝6時半に起きて仕事なので、”早く寝なきゃなー。”って思っていたのに、何か寒さが気になるし、目がさえるしで、眠っても本当にごく浅くほとんど寝不足のまま出勤。

それから金曜日までしっかり毎日10時間働いたので、今日の土曜日は自分をいたわる日に。

そのいたわり、前日の夜から始まってはいたんですけどね。イギリスに住んでいると色々な人との出会いがあるのですが、それとともに分かれも数多くあるんですよね。特に日本人の場合は。イギリスにいる日本人のほとんどが学生か、ワーキングホリデーを使ってきている人たちなので最長で2−3年ぐらいしてみんな帰ってしまうんです。

今回も仲良くしていた日本人の友達が今月の終わりに日本へと帰ることになったので、そのサヨナラ会をブラジル料理店でしてきました。パーティーといっても気の合う仲間4人で集まって、ブラジリアンバーベキューの食べ放題で、お腹いっぱいに肉を食べ、思ったことをそれぞれがしゃべり、また腹筋が壊れてしまうくらい笑うという感じ。結局、そのレストランに3時間ほどいました。サヨナラは寂しいけど、また何処かで会えるといいなと思っています。

そんな今日は本当に何もしなかった1日。最初は、”色々と計画的にやらなきゃ!!”って思ったのですが、出来ずじまい、、、。意志力の弱さ、、、。途中で、”こんなんだったら、1日何もしないでおこう。”と方向転換。明日からは少し行動的に動きたいと思うのですが、果たして、、、。

ユリ君の家や呂震の家にいた時は色々なものをごちそうになっていたので、料理をするのもなんとなく調子が出ないというダメダメな僕。明日からはしっかりしよっと。

そんな今日はクリスマスに食べた料理の写真で。

ユリ君の両親は家事とかもきっちりと分けてお互いがしていて、お母さんは料理、お父さんはデザート。お皿洗いはお父さんの役目だったり。日本の家で育った僕には新鮮な景色です。

そんな普段はお菓子作りをしないお母さんがクリスマスに作ってくれたケーキ。これ、まるで市販のケーキのようなデコレーションで、味も最高。ユリ君ママ、かなりの料理上手なのでユリ君に何を食べさせようかいつも迷うんですよね。

 

あと、これ面白いなって思ったものが。お母さんお説明曰く、サーモンを押して塩漬けにしたものらしいのです。鯖の押し寿司的な感覚かなー。スモークされているわけでなく、生でもない。その間くらいらしいです。これはパンと一緒にいただきました。

あー。誰か料理を作ってくれるっていうのは本当に幸せなことですよね。明日は何か自分のために作ろっと。

真夜中のケーキ

今、いつも働いている重せのクリスマスパーティーが終わって帰ってきたところです。正午過ぎにでかけて準備や買出しをしたり忙しく過ごしてパーティースタート。

何か催しをして欲しいということだったのでゲームも考えて、その準備も。

まず一つ目のゲームは緑のA4紙を背中側で両手で持ち、紙をちぎりながら感覚だけを頼りにクリスマスツリーの形をを作るというもの。それにシールやペンでデコレーションして、店のオーナーがベスト5を決めるというもの。この5人に選ばれると次のゲームの優先権が与えられます。

次のゲームは床に並べられてプラスチックの蓋に描かれた魚や海の生物。(僕とパーティーに遊びに来ていた子供と二人で描きました。)絵の先にはクリッツがフックになって釣竿上になったもので一つ釣り上げるというもの。この魚の裏には封筒が入っていてその中にはいろいろな金額の現金が入っているというもの。

これがかなりの盛り上がりを見せて良かったです。

さて、あと一つ僕がパーティーのためにしたことが。それがケーキ作り。

金曜の夜に仕事が終わったのが夜の7時。それからケーキの材料を買いに出かけて家にたどり着いたのが8時45分。夕飯を食べたり、ユリアンとスカイプをしてケーキ作りスタート。

最初は校長に行っていたのですが、突然に泡立て器が真っ二つに割れてしまい、、、。幸運にも混ぜる部分は形が残ったので金目の部分の上部をしっかり握りしめての作業。ただ、ちょっとプラスチックの尖った部分があったらしく、気がつくと出血してました、、、、。

その後チョコレートファッジソースを作り、スポンジを焼くことに。スポンジは3段。ただ、問題が。僕のオーブンにスポンジが3枚納まらな位、、、。結局、2枚を焼いて、最後の1枚を別に焼くことに。少し冷めたスポンジに先ほどのソースをかけて冷ますことに。

 

このスポンジを焼く間にもかなりウトウトしてしかも意識が遠のいて夢の世界に入り込むことが数度ありここでまず終了。

それから歯を磨いてベッドに入ったのは午前2時。

朝は8時に起きて、ケーキ作りと構築と、クリームチーズのフロスティングを作って出来上がり。

 

このケーキ、出来上がりがものすごく可愛いですよね。真夜中のケーキ作りは、疲れている時はお勧めしません。集中力が散漫になりすぎて、時に何をしてるかわからなくなっちゃうから。(笑)

 

けど、パーティーではみんな”美味しい!!”と言って食べてくれたので、頑張った甲斐があったかな。

忙しく、疲れたそんな日だからこそ

今日はイギリスものすごく寒かったです。マイナスの予報で、明日もまた今日以上に冷えるとのこと。イギリスはクリスマスまで1ヶ月を切って冬本番となっています。吐く息がものすごく白くて、まるで白い炎を吐いている怪獣のよう。

結構長く滞在していたユリ君は今日の朝、ドイツに帰ってしまいました。しばしの別れです。今まで当たり前に家に帰ればそこにいた人間がいないというのは虚しさが感じられますね。こうやって、人間って相手の大切さや、愛情を深めていくんだろうなって身をもって感じています。

そんな誰も”おかえり”を言ってくれない家に帰り着いたのが午後の9時40分。

仕事に朝出かけたのが午前8時前だったので、今日は長丁場の1日でした。

足も立ち仕事で辛いし、体も睡眠を欲している。このままベッドにって思ったんですが。そこを我慢して、したことが。

何度と思います?

美味しい夕飯を自分のために作ってあげるということ。

今まで帰ればユリ君の美味しいご飯が待っていましたが、今日からは誰も作って待ってくれる人はいない。”じゃ、簡単に済ませてしまおう。”って思いたいんですが、丸一日一生懸命に働いて疲れたそんな自分にちゃんとした美味しいご飯を作ってあげないのは失礼だな。そう思って、作りました。冷蔵庫にあった材料で作ったオリジナルのレシピ。

 

全粒粉のスパゲティーを茹で、クリームソースにローズメリーを入れて香り付け。この香りが疲れた体を癒してくれます。そこにシーフードを入れて出来上がり。

疲れて眠ることも大事だけど、ちゃんとした食事を疲れて体にとらせて、そこから休養をとる方が僕には合っているし、ベッドに入った時に幸せ感が倍増する気がします。

寒くなるこの季節、みなさんちゃんと食べて元気に過ごしてくださいね。

日曜の夜は

今食べ過ぎで、ちょっと気分が悪い感じ、、、、。ユリくんがお得意の生地から作るピザを作ってくれて、それを二枚二人で食べて、サラダも食べたらどうやらリミットを越えてだべすぎたようです。腹八分目なのにね、、、、。反省中です。

さて、今日がユリくんと丸一日を一緒に過ごせる最終日。明日は僕が仕事なので夜までは会えないんです。そして、最後の夜だからちょっと二人でお出かけも。なので、家でのご飯も今日が最後。そうなると少し寂しい気が。

これが遠距離恋愛の辛いところですよね。特に今回は一緒に過ごす時間が長かったので、二人の時間が当たり前だったのもあってユリくんが火曜日に僕が仕事から帰った時にはこの家にはいないんだと思うとちょっと不思議な感じです。

さて、今回もユリ君のお手製の大きなピザが美味しく焼けましたよ。

 

今回のはベースがいつもにもまして薄くてカリカリで美味しいこと。だからってこれを二人で二枚は多かった、、、。実は三枚作っていたのですが、最後の一枚は焼かずにユリ君の明日の昼ご飯へとまわすことに。

 

ユリ君はヨーロピアンらしくピザもナイフとフォークで食べる派。僕はそこのところはアメリカンで、手で食べることの方が多いんですよね。ただ、このピザはベースが薄く具沢山なのでユリ君の真似してナイフとフォークで食べました。

僕はにもしていないかというとそうでもないんですよね。中華風味のドレッシングを作り、レタス、トマト、セロリ、ピーマン、人参の入ったサラダにかけて出来上がり。ユリ君がホームメイドのクルトンを作ってくれて、これがまた美味しかったこと。

家で一緒に食べるご飯は僕は、外で食べにいくよりも好きなんですよね。幸せ感が家にいた方が多い気がするのは僕だけでしょうか?

巨大カタツムリ的夕飯

金曜日。もう、嬉しすぎる日ですよね。朝から仕事場でのテンションも上がり気味で、昼過ぎには週末気分で一直線。なので、金曜の労働はそこまで苦にならないんですよね。

仕事が終わって、僕の働いているショップではなくて、同じ経営者が運営しているレストランが近くにあって、そこの従業員の子が最後の日だったので仕事終わりにサヨナラを言いに。そこでいろいろと話していたら電車の時間かなりギリギリに。

”家ではユリ君が夕飯を作って待ってくれている。頑張って帰らなきゃ!!”

その想いで、レストランから地下鉄の駅までダッシュ。ただ、ほんの数十秒の差で地下鉄が出てしまい、次のはその2分後。この時19時22分。それから2分後に着いた地下鉄に乗って僕の駅に着いたのが19時30分。

僕の電車の出発時刻が19時34分なので残り4分。そこから階段を駆け上がって地上に猛ダッシュで出て、400mほどの距離を全力疾走。頑張った甲斐あって間に合いました。

僕の性格上、間にあえるギリギリかなら賭けに出るタイプなんです。それで間に合って、”やればできるよね。”って思えるのが好きなんですよねー。

それでいつも通りの時間に家に到着。すると待っていたのはこれ。

 

貝殻というか、カタツムリを彷彿させるようなパスタじゃないですか?”カタツムリみたいだねー”ってユリ君に行ったら、”そんなこと言わないでよ。”って言われました。このパスタ結構大きくて手のひらサイズなんですよ。

それに合わせるソースが牛肉、セロリ、ニンジンと玉ねぎをたっぷりの赤ワインで2時間煮込んだもの。ユリ君はお酒を一切飲まないのですが、料理には惜しみなく使います。なんでも、お母さんがそうしているからだそうで。

ここで問題になるのが、この巨大パスタをどのように食べるかということ。どう見ても一つのパスタを一口というわけにはいかず、、、。

ここから試行錯誤が始まりました、、、。

 

まず試したのがこれ。巨大パスタの内側に牛肉やソースを入れて頬張るやり方。これだとパスタの味が強すぎて、ソースの美味しさが感じられずおまけに、肉の食感がパスタとミスマッチでダメに。

最初の試しから、まずはキューブ状の肉をナイフで削ぐ感じで細かくして野菜のソースと絡ませ、パスタは半分に切ってそこに先ほどのソースを絡めた牛肉を入れ込む。こうするとパスタもソースも素敵なバランスに。

 

パスタを食べると僕はどうも、”よーし。思いっ切り食べよう!”ってがっついてしまうので、今回の食べ方の発見は新たにパスタの魅力に気がつかされたように思います。

いつも美味しい料理を作って待ってくれるユリくんに感謝。

ただいま、ご飯

イギリスは本当に気まぐれお天気で、30分ごとに雨、晴れ、曇りがかわるがわるやって来てどうも落ち着きません。もうこれで11回目の冬だというのに。

仕事の面では今週から新しいマネージャーになったので、時に彼女の手伝いをしながらの毎日。やっぱり、新しい職場で、しかもマネージャーとなると精神的にも大変だろうなと思うのでサポートしてあげれるところはしてあげたいなと思います。

だから、自分の仕事も時におしてしまうし、マネージャーの仕事の状態も見ているのでいつの間にか自分にも普段以上の疲れが。そんな時は帰り着くと、”もう、夕飯は作りたくない。”なんて思ってしまうのですが、、、、。

そう、今週はユリくんが家で待っていてくれるので、そんな疲れも吹っ飛んでしまいます。しかも、帰るなるにフラット中に漂う美味しい香り。ユリくんの手料理がユリくんの”おかえり”とともに出迎えてくれました。

まずは前菜。トマトと玉ねぎのシンプルなサラダ。これがトマトの甘みが酸味のあるドレッシングと合って、美味。ユリくん曰く、”美味しいトマトを選んできたから。”だそう。

 

そしてメインがものすごく美味しかった!!大きなサーモンのフィレに蜂蜜とチリを塗ってオーブン焼きしたもの。ソースはチーズとほうれん草。ガーリックトーストをお供に食べました。

 

僕、生のサーモンは好きなんですけど、焼いてあるのとかはそこまで好きではないんですよね。だけど、このサーモンは蜂蜜とチリの味わいがサーモンの味を引き立ててくれて、一気に焼きサーモンのファンになっちゃうほど。

その後は安心したのかパソコンを使うユリくんの膝の上でいつの間にか眠ってしまった僕なのでした。

オイシイ食べ物だらけ

月曜日。肌寒く、時折思い出したように雨が降るロンドンです。窓の外では鳩たちが濡れそぼった羽を少し膨らし気味で休んでいます。モノトーンのヨーロッパの冬です。

そんな時は家の中で、そして仲の良い友達と寄り集まって過ごすのが一番。

昨日ブログで書いたとおりいつもの6人が、ミニの家に集合。(失礼、6人と1匹が正しい人数。)みんな自慢の料理やデザートを持ち寄って楽しみましたよ。

正午に集まって家に帰ろうと重い腰をあげたのが午後の8時。8時間も何をしたんだというと、何もしてないんです。昼ご飯を食べ、デザートを食べ、ソファーに座って誰かが何かの話を始めて、それに対して思い思いが色々な話をする。その繰り返し。

僕、最近思うんですけどこの6人、全然似てないんですよね。確かにこの人とこの人はこんな所の性質が似てるなっていうのはあるけど、基本的には6人がバラバラな性質を持っていて。だから似たもの同士の綺麗なハーモニーというよりかは、不協和音がいいコンビネーションで素敵なメロディーを奏でていると言ったが一番ぴったりだなって思います。

だから、途中でバラバラなことを喋っていても、突然に今までの話の筋と関係ないことを言っても何も驚かれることなく、そのことが今までの話とともに流れていくということが起きるんだなって思います。

大事な仲間に囲まれて過ごす寒い冬の日は特別です。

さて、ここからはみんなの力作料理のご紹介。

 

 

 

上からマーロンとミニ作のパッタイ。これ、コリアンダーがよく来てて美味しかった!!帰る時に余っていたので持って帰って来ればよかったなって今、後悔。二番目はユリくんのパスタサラダ。可愛くキャベツの葉に包まれています。そして最後はこれもミニとマーロンのカレー。これもまた絶品。この二人の最近の料理の腕前がものすごく上がっていてびっくりさせられます。

そしてデザート。

 

Kちゃんの最近のお気に入りのケーキ。中にはクランベリーなどドライフルーツとココナッツがたっぷり。上のクリームとの相性が良かったですよ。シンプルだけど、クリームのデコレーションが素敵ですよね。

これはA君のブラウニー。中にはホワイトチョコレートが。ブラウニー、僕大好きなんですよね。これも、中がしっとりとして甘さ加減もパーフェクト。

 

そしてマーロン君が作ったベノフィーパイ。キャラメルソース、クリームとバナナの天国行きのようなコンビネーションが素敵。しかもパイもしっかりと焼けていて、プロ級。

ね。こんなに素敵なデザート。もう、夕飯はいらないくらい食べました。素敵な仲間とおいしい食事。これ以外、何もいらないなって思えたそんな日曜日でした。

みんな全員集合!!

昨日は晴れていたロンドン。晩秋の雰囲気がとても美しい1日でした。ただ、夜遅くから雨が降り出して、屋根を強く叩く音が。いつもならば心地よい雨音も昨日のは強すぎて何となく心をザワザワとさせるそんな雨でした。もしかしたら自分の気持ちに波が立っているのかもしれませんが。

そして朝を迎えた日曜はいつもの暗いグレーの空。

朝8時前に起きてキッチンに立つ僕。

実は今日はいつもの6人が集合してパーティーを開催するのでそれに持っていく料理の準備をするためなんです。

いつもの6人。よくブログを読んでくださる皆さんならわかりますよね。ミニ、マーロン、A君、Kちゃん、ユリくんと僕の6人。

ちょうどユリくんがドイツからロンドンに来ているのでみんな御飯を持ち寄って集まろう!ということで今日のパーティーが。

僕は自分の料理は終わったのですが、ユリくんは今頑張って作っているところです。

 

僕は今回2作品。本当は豚の角煮だけだったんだけど、思っていたより量が少なくて、、、。

 

もう一つは、人参、レーズン、ヘーゼルナッツをふんだんに入れてオレンジとシナモンの香りが素敵なキャロットケーキ。クリスマスらしい缶に入れて持っていきます。

 

そしてユリ君はミニパスタのサラダ。ドレッシングはペストをベースにマスタードや蜂蜜を入れたもの。具沢山なサラダです。