大事な人がいる週末

朝から忙しくしていて、午後にゆっくりとした時間が取れた土曜日。ものすごく穏やかな空が広がっていたので、”これは走りに行かなきゃ!”って思って、走ってきました。夕方3時半過ぎの公園は春めいているというか、秋の雰囲気があって家族連れや犬を散歩する人々で溢れていました。その中を縫うようにジグザグとかわしながら走るのも、また楽しいものですね。

先週のこの時間はユリ君がいたんです。バレンタインデーの日は平日で過ごせないので、その前の週末に来てくれました。その週の初めに祖父が亡くなって、その話を聞いたその夜は寝つきが悪くて、、、。その次の日のユリ君のイギリス到着は僕にとっては物凄く穏やかな安らぎをくれて、ゆっくりと休めました。

そんな週末はお互いの手料理を日ごとに作り合いました。手料理って、自分で何をどれだけ使うかわかるし、自分のために作ってもらった料理って味も格別ですよね。

まずはユリ君の作品。ツナステーキに、マンゴー、赤とうがらしとパプリカの付け合わせ。

僕が作ったものは、豚肉とポークを煮たものにコーンとお米を合わせたもの。りんごの甘さが豚肉との味に素敵に絡まって癖になる味でした。ちなみに背景にある白いバラはユリ君からのバレンタインデーの贈り物です。去年は赤のバラで、今年は白。去年は切り花だったけど、今年は鉢植えなので上手に育てられたらなって思います。

 

もう一品は野菜をたくさん(ズッキーニ、ポテト、ブロードビーン、ブロッコリー)と鳥の胸肉を煮込んで、ハーブのタラゴンを添えたもの。

 

僕からのバレンタインデーのプレゼントは、”自宅で体験、映画館”。まずは映画に必要なものを用意。ポップコーン、チョコレートのドリンク。(ユリ君はお酒を飲まないのでチョコレートティーというものを買いました。これが、あまりに不味くてびっくりしたんですけどね。)

テレビの前にマットレスを敷いてクッションを置いて映画館にあるようなラブシートにして映画鑑賞。今回はNormal Heartというエイズ感染が明るみに出てきた80年代初めを舞台にしたHBO制作の映画でした。心に響く一作で、ゲイの人はもちろんのこと、すべての人がこの映画を見て、初期エイズ患者の人々がどれだけの苦労をしたのか、またその状況を改善しようとLGBTの人々が戦ったのかを知ってもらえればと思っています。

ちなみに僕の自宅映画館の感じはこんな感じ。

ユリ君からは、”首のあたりの支えがなかったので。首が痛んだ。”との苦情が。改善の余地がありそうです。

映画の予告版はこちら。

終了。

疲れました、今週は。

することがありすぎて、何をしていいのかわからないけど、時間だけが非情にも流れていくということってあるでしょ?そんな1週間だった感じです。

写真の編集を夜中までしてたり、お店の小さなトラブルを解決したり、仕様の書類などを揃えたり、記入したり。それを頭の中でどの順番にして、どれを最初に、どの日までに終わらせて、何を後回しにして、などを通勤時間などに考えて。もう、肉体的にも精神的にも疲弊の1週間でした。

あと、睡眠不足があったので帰りの電車では睡魔との戦いがすごく、家に帰ったらうつらうつらとなってしまうほどに。

金曜日の夜は仕事仲間と飲んで、家に着いたのが夜中で、、、。次の日は、ミニのお父さんたちに会いに行くので、朝は早めにスタート。

イギリスには電車の会社がたくさんあるのですが、今回は初めてVirgin Trainでミニのお父さんの住むコベントリーに。ヴァージンは長距離区間を担当していて、運のいいことに僕の街からお父さんの街まで乗り換えなしで行けるんです。いつもはミニと車で行くことが多かったのですが、今回は電車。車だと1時間30分なのに、さすが高速電車。45分でコベントリーに到着。

改札を出るとお父さんが待っていいてくれて、まずはミニの妹の家に。ここにはミニの甥っ子、姪っ子がいるんですよね。上の2人はもう、ティーンエージャーで、下のアルフィーは4歳。

アルフィー、最初は恥ずかしがっていたけれど彼の好きな車のおもちゃで遊んだりして、仲良しに。4歳って、抱っこしてもそこまで重くないし、意思の疎通もできるので、”うわー。子供ってかわいいな。”って思ってしまいました。これって、父性の芽生えなのかな?

楽しい時間を過ごした後は再びお父さんの車で、お父さんと、ミニの義理のお母さんの家に。そこで、お昼ご飯を。豆と野菜がたっぷりのベジタブルチリコンカーンとナチョス。近況報告をみんなでしながら、美味しいく楽しい時間を過ごしました。

最近思うんですが、僕の家族は拡大中だなって。日本いる家族、イギリスのミニを通してできた家族に、今はユリ君を通してできたドイツの家族。k本な大勢の人に囲まれて、いろいろな考えや文化を肌で感じて生きていけるというのは本当に幸せだと思います。

土曜日の夜に家について、一気にこの1週間の疲れが出たようでベッドに入ったのが9時半。そして朝の9時までゆっくりと眠ることができました。そんな日曜日は自分だけの大事な時間にしようと思ってこのブログを書いているところです。

体の言葉に耳を傾けて

今日の朝は、”あ、春だ。”って思えるほどフワッとした風が流れていたんですよね。冬の中で感じる春の気配は、自然と笑顔になってしまいます。イギリスは特に冬の間がグレーなので、春の突然色とりどりに咲き誇る花々の色や、穏やかな青空のことを考えてしまうからでしょうか。

そんな朝を迎えて、1日が終わる頃には風が強めで、今度は雨を含み気味。不思議なkとにその中には朝に感じたあの”春”は残念ながらいませんでした。

仕事からの帰り道にスーパーマケットに立ち寄って買い物を。食料品というよりかは、日用雑貨を買ったのでズッシリとした重みを感じて帰宅。

すると体が、脳が疲れを訴えかけてくるんですよね。

みなさんもないですか、そんな日が?

僕はこんな日は体の声を聞くことに専念。もちろん、体が喋ってくれることはないので、”多分こんなものが必要じゃないのかな?”と推測して、それを実行しているだけなのですが。

今日はまず体のストレッチ。思いっきり背伸びをしたり、体をひねったり、アキレス腱を伸ばしてみたり。次に、お風呂の適温なお湯を張ってゆったりと全身を沈めて足の指先から全身をマッサージ。すると、あるんですよね。”痛い!”って感じる場所が。そこを念入りにほぐして深呼吸。お湯には杉のエッセンシャルオイルを入れたので、浴室全体が木の香りに。照明は電気は消して、ロウソクの温かな光のみ。

風呂上がりの温かな体に、熱めのバニラチャイティーを濃いめに出して、ミルクを少し。今の自分に必要な音楽を探し出して、その音で部屋中を満たす。すると、さっきまで疲れでいっぱいだった体が少しだけ軽くなった気がするんですよね。

若い頃はあまり気にもしなかった自分の体。だけど、30代も半ばになると少しずつ認めたくはないけれどガタがきていて、思うようにならないことも。そんなからだが苦しんでいる時はなるべく、体の要望に応えるようにしている最近です。

そうそう。買い物をした1つに夜用の保湿クリームを買ったんですが、これが顔を水の膜で覆ったようにスルスルとそして、もっちりと包み込んで、かなりの幸福感でした。

今どうやら体は睡眠を欲しているようなので寝ることにします。

さて、明日も頑張るぞ!

クリスマス!!、ってこの時期に?

おはようございます。朝7時のロンドンは未だ夜の闇の中に沈んだままです。今日はお天気がすぐれないから、今日は太陽の姿は見れないかも、、、。だけど、金曜日。頑張って働かなきゃな。

ロンドン、(多分北海道の位置に緯度があるので)寒いってイメージをお持ちの人が多いように思うんですが、そんなに寒くないんですよ。最低でもマイナス3−4度で、ここまで下がるのは稀。ただ、日本のようにお昼に太陽が出て10度以上に上ったりということがないので、最高気温と最低気温の差が殆どないというのが辛いところでしょうか。

ヨーロッパで寒いのはやっぱり、大陸側でユリ君の住んでる町は今日はマイナス9度だそう。これはロンドンではありえないので、僕としては嬉しいんですよね。

さて、ドイツの話が出たところで、新年が明けたのに時間をクリスマスまで戻しますよ。(このタイミングって、感じなんですがお付き合いください。)

24日にヒースロー空港からドイツ2番目の年、ハンブルクに飛びました。ユリ君が迎えに来てくれてそのまま車で彼の両親の家に。これで彼らに会うのは4回目。快く今回も迎え入れてもらえました。

前回訪れたのが12月の2週目。その時はクリスマスツリーがなかったので、”あれ、クリスマスツリー飾らないんだ。ユリ君は毎年おいてるって言っていたんだけど、、、。”と思っていたのですが、その後友達が”ドイツはクリスマスイブに飾るらしいよ。”という情報をくれて、その通り今回は部屋の中に大きなツリーが。

一番驚いたのはこのツリーを照らしているもの。これ、本物のロウソクなんですよ。これをご飯を家族で一緒に食べたりするときに灯をともします。そしてこのもみの木、ユリ君の両親の裏庭で育ったものなのだそう。

ね、こんな感じで家族が灯をともします。だから、ちゃんと火のことを考えてデコレーションも飾らないといけないんですけどね。これ、素朴だけど本当に素敵ですよね。

あとは、これもドイツの行事だそうなのですがプレゼントを開ける前にはクリスマスの歌を歌うらしんです。今はほとんどしていないみたいですが、ユリ君の家はこれが毎年の恒例行事で、お母さんがわざわざ歌う歌の歌詞をコピーして、歌います。僕も参加しましたよ。ドイツ語だし、聖しこの夜以外は聞いたこともない曲だったので四苦八苦でしたが、楽しいひと時でした。

そしてその伴奏は、お父さんのギターの生演奏と素晴らしい。この家のリビングにはピアノもあって、夕食の準備が完全に揃うまで家族が待っている時にユリ君がピアノを弾いたりして過ごしたりとかなりの音楽一家。

 

お父さんの後ろに見えるのがピアノです。本格的でしょ?

ドイツでの初めてのクリスマス。イギリスのそれとはまた違って、印象的でした。家族の愛っていいなって再確認できた、そんなクリスマスとなりました。

自分の居場所を探すこと

ロンドン寒さが厳しくて毎日、暖かなジャケットに身を包んで外出しています。”なんでこんなに寒いんだろう、、、。”って思うんですけど、世界のもっと寒いところに比べればどうって事ないんですけどね。

友達の住むミネソタは体感温度がマイナス29度だったり、同僚のリトアニア人曰く来週はリトアニアはマイナス20度台なので、やっとマイナスに入ったぐらいのロンドンの寒さで嘆いていちゃダメですよね。

さて、今回のドイツで過ごす時間がかなり長くて、10日間。そのほとんどをユリ君のアパートで過ごし、彼が仕事の時間があったので自分一人で過ごす時間が多かった今回の滞在。

ユリ君のアパートの勝手もわかってくるし、ほんの少しずつですが第2の我が家的な感じが出てきました。それでもアパートの空気感や、家具の配置やテイストなどは99.5パーセントはユリ君のもの。その中で一人でいる時に、”お客様気分”でいる自分が妙に浮いていたりして。

皆さんもそうでしょうが自分の場所ってありませんか?

これは多分、家だけでなくても電車のあの席がいいとか、職場のあの角部屋が落ち着くだとか。その空間が欲しいなって思って。

そして見つけたのがここ。

 

これ、ユリ君の台所。その右端に置かれた朝食用のテーブル。ここに座って窓から眺めを見ながら読書をしたり、勉強をしたりする。この空間が自分の居場所だなって気がついて、それからはここで暇な時間は過ごすようにしています。

この大き目の窓から見える景色が本当に僕にとっては面白くて、見ていて飽きないんですよね。

右奥からの道路はカーブしながら橋を渡ってくるし、運河沿いの歩行者専用の道と少し段上の道路を歩く人を眺めるのも楽しくて。人それぞれの違ったドラマが僕の眼の前をほんの数十秒の間流れていく、そんな感じ。また、この場所は午後になると冬の太陽が雲の間から時おり顔を出すのが見れるのも好きな理由の一つですね。

今回のドイツ滞在で得られた最高の収穫の一つはユリ君のアパートの中に、自分の居場所を探せたことだなって思います。

皆さんはどうですか?自分の居場所がちゃんとありますか?

来年はこれで決定

早く仕事が終わったので、またせっせとクリスマスプレゼントを探しに行きました。2時間ほど色々なところを回って、すべての買い物完了と行きたいのですが、肝心なユリ君のプレゼントが見つからないんですよね。

好きな人には何か、”おー。これ嬉しい。”ってものをあげたいと思って色々と考えて、”これだ!!”っていうものに出会えるんじゃないかとひたすらお店を探すのですが未だ見つからず、、、、。ちょっと趣旨を変えて探してみようかなと今は考えているところです。

”まさか。こんなものを探してくるとは!!”作戦に変更!!

さてクリスマスまでもう少しですが、それと同時に来年を迎えるのもあと2週間を切りましたね。そうなると僕も買わないといけないものが。

 

僕のブログを長年読んでくれている人にはわかると思うのですが、来年の日記帳です。去年がクラシックな林檎柄で、今年はどことなくグレートギャッツビーの時代を思わせるようなデザインのものにしました。お店で最後の1冊でそれにも運命を感じてしまって。

日記をつけるのは実はこのブログを書くのよりも長いんですよね。ブログは今が7年目なのですが、日記はイギリスに来た時からなので11年目。最初は思った時に何かを書く程度だったのですが、それが毎日の寝る前の習慣になったのが9年ほど前でしょうか。

ブログは日本語で、日記は英語なんですよね。だから違った感じで文章も書けるのでそこも楽しいんです。

日記っていいですよ。その日1日を短い時間で振り返って、”なんか今日は嫌な日だと思っていたけど、今考えるとそんなに悪い日じゃなかったな。”と思えたり、”明日はこんな日にしたいな。”って考えてぬ無理に落ちれるのはいいことだと僕は思っています。

そんな自分の気持ちや人生を綴る日記帳は自分が気に入ったものにしたいんですよね。

 

忙しく、疲れたそんな日だからこそ

今日はイギリスものすごく寒かったです。マイナスの予報で、明日もまた今日以上に冷えるとのこと。イギリスはクリスマスまで1ヶ月を切って冬本番となっています。吐く息がものすごく白くて、まるで白い炎を吐いている怪獣のよう。

結構長く滞在していたユリ君は今日の朝、ドイツに帰ってしまいました。しばしの別れです。今まで当たり前に家に帰ればそこにいた人間がいないというのは虚しさが感じられますね。こうやって、人間って相手の大切さや、愛情を深めていくんだろうなって身をもって感じています。

そんな誰も”おかえり”を言ってくれない家に帰り着いたのが午後の9時40分。

仕事に朝出かけたのが午前8時前だったので、今日は長丁場の1日でした。

足も立ち仕事で辛いし、体も睡眠を欲している。このままベッドにって思ったんですが。そこを我慢して、したことが。

何度と思います?

美味しい夕飯を自分のために作ってあげるということ。

今まで帰ればユリ君の美味しいご飯が待っていましたが、今日からは誰も作って待ってくれる人はいない。”じゃ、簡単に済ませてしまおう。”って思いたいんですが、丸一日一生懸命に働いて疲れたそんな自分にちゃんとした美味しいご飯を作ってあげないのは失礼だな。そう思って、作りました。冷蔵庫にあった材料で作ったオリジナルのレシピ。

 

全粒粉のスパゲティーを茹で、クリームソースにローズメリーを入れて香り付け。この香りが疲れた体を癒してくれます。そこにシーフードを入れて出来上がり。

疲れて眠ることも大事だけど、ちゃんとした食事を疲れて体にとらせて、そこから休養をとる方が僕には合っているし、ベッドに入った時に幸せ感が倍増する気がします。

寒くなるこの季節、みなさんちゃんと食べて元気に過ごしてくださいね。

ちょっと一息

今日は中休みなので、ゆっくりっとした午前の時間を過ごしています。疲れた体にこの中休みは嬉しい限り。朝起きて、”今起きなきゃ、間に合わない!!”って気分を感じずに起きることができるって幸せじゃないですか?

今日も朝起きて、いつもなら”あー。また灰色の空だ。”って思うのが、”グレーって空はモノトーンで変化がそこまでない分、心が落ち着くな。”って思って大きく伸びをして深呼吸。朝起きるのに急かされないのって、大事ですよね。自分のペースで1日を始める幸福感。

今日はユリくんを連れて、ロンドン市内へとちょっと観光に行ってきます。何やらユリくん、Science Museumに行きたいらしく、僕は10年以上ロンドンに住んでいるのに一度も足を運んだことがないし、これを逃したら行くこともないだろうから行ってみることに。

その後は軽く早めの夕飯を食べて、映画を見ようということになっています。ユリが来ると映画かミュージカルを見にいくのが僕たちのデートになっているのですが、今回は時間の都合などから映画に。

エイミーアダムス主演のArrivalをチョイス。かなり高評価を得ていて、面白そう宣伝予告も心惹かれました。SF映画はあまり見ないので、これも新たな挑戦。相方が違う趣味だと未体験のことを経験できるようになるからいいですよね。

ちなみにこの映画、言語学者扮するエイミーが、或る日とつぜんに地球上に現れた巨大な宇宙船というか宇宙建物からのメッセージを読み解くといった内容。日本ではメッセージをいうタイトルで来年の5月に上映だそうです。

人生は1年で変わる

雨の音で目を覚ました土曜日の朝。

”今日はゆっくりと遅くまで眠れるんだ。”と思って、温かな毛布の中で考えることのできる幸せ。週末の朝のいいところですよね。

空は重たいグレーの空ですが、家の中ではヒーターが入ってちょうど良い室温。足は少しさもうさを感じるけど、裸足でいても大丈夫な温度設定が僕はこの晩秋を感じられて好きなんですよね。夏の暑さにはない、寂しさが際立って。

ちょっとメランコリーな気持ちで1年前の自分のブログを見ていたんです。1年ぐらい前の記事はパリで起きたテロについて書いた記事。その年の初めのベルギーでのテロとヨーロッパ中に恐怖を振りまきました。

あれから1年。イギリスは国民投票でEU脱退を決め、先日のアメリカでの大統領選挙ではまさかのトランプ氏の当選。僕の地元は地震で大災害を被って、その後、火山爆発。世界って1年でこんなにも目まぐるしく変わってしまうものなんですね。今まで信じていたものや物事が、次の日には全く違ったものになっている。何かヨーッロッパ、北米の動きを見ていると第2次世界大戦の前触れのようなことが数多く起きていて、不安をおぼえるの僕だけでしょうか?

今まで書いたこの一年は気が滅入ってしまいそうなことばかりですが、たった365日の中でも素晴らしい方に人生が180度変わることもあるなって思ったのがこの一年でもあります。

ユリ君と出会ったのが去年のクリスマスの日。それからドイツとイギリスの遠距離で、だけどかなりの頻度でお互いに行きあって仲を深めてきました。ドイツ語を僕は勉強し始めたし、ドイツ人の性格や国民性、文化などをユリ君やユリ君の家族を通しれたことは面白い経験でした。

世界情勢も個人の1年も、もしかしたら或る日突然、ある出来事、ある人との出会いで今までと全く違った世界に連れ出してくれこともあるんだなって、思います。

そんなことを考えている土曜日の正午です。

新しい習慣は付き合う人ともにやってくる

日曜日。空には綿雲と青空、太陽の光は穏やかで、”これぞ日曜日!”という天気のロンドンです。

昨日はミニの家で今年最後となる庭仕事を頑張ってしてきました。これでもか!っていうほどのブラックベリーとアイビーの蔦や根っこを地面に這いつくばってむしり取ってきました。だから、少しだけ筋肉痛が。

少し疲れた体に、窓から入ってくる秋を含んだ風が気持ちいいです。外気を入れると澱んでいた部屋の中の空気が一気に動いて、心も体もリフレッシュできて本当にいいなって思います。

この換気の習慣、ユリ君と付き合い始めてから特に気をつけてするようになったなって。

独身の時や、同じ人と長い間付き合っていると生活習慣とかがずっと変わらないでいることって多くありませんか?そんな時に、新しい恋人でもいいですし、自分と違った生活スタイルを持っている人に会うと、少しだけ今までの自分とは違った生活の習慣が生まれたりして。これって面白いなって思うんです。

”そっか、こんな生き方や、考え方もあるんだな。”って。じゃ、この部分を僕の生活の一部に取り入れてみたらいいかな。とか、そのことについてネガティブに考えてたけど、この角度から見てみればそんなに悪いものでもないんだな。とか、そんなことが気づけることが付き合い始めって多くないですか?

ユリ君と付き合い始めて変わったとところは何かと考えてみると、換気をこまめにして新鮮な空気を取り入れる、ハイキングやカヤッキングなどの野外活動の喜び、お酒を飲まないという生活スタイル(僕は今でも飲むんですが、量は減ったように思います。)、夕飯の際にはサラダをいつも作る、あまり他人を気にしないで我が道を突き進む力強さと頑固さ。物事を計画的に、しかもちゃんと有言実行でするところ。

もちろん時には価値観の違いで衝突することもありますが、それもお互いを知るのには大事なことですよね。そこから自分が譲れる部分と彼が譲歩できる部分のちょうどいい所を見つけて、仲良くまた手をつないで進んでいく。これが大事だなって。だって、お互いに30年以上別々に生きてきて変えられない価値観や考え方って有るじゃないですか。それにはどちらが正しいとか、間違っているということはなく、それが自分というアイデンティティーだと思うんですよね。だから、お互いを全否定するんじゃなくて、認めれるところ認めてあげて、どこか妥協点を見つけてそこに歩み寄ることが一番だなって。

これから僕にはどんな新しい習慣が生まれてくるんだろう。今から楽しみです。