イギリスの厄年

今日は夏日のイギリス。外は夏服の人で溢れかえっていました。明日は数度下がるそうですが、週末にはロンドンは今年初めての30度越えと猛暑になる予定で、夏真っ盛りです。

そんな明るい日差しとは裏腹に、今朝は恐怖の陰で始まりました。起き上がって朝ごはんを食べながらBBCのニュースをつけるとそこには燃え上がった高層のビルが。ロンドンの西部、大きなショッピングモールがある近くの公共住宅である高層ビルでの火災が発生。話では4階部分で夜中の1時頃に発火、その後ものすごいスピードで20階越えのビルを一気に炎と煙が多い今も死者数も、行方不明者も何人なのかわからないということ。この高層ビルは120戸400−500人が住んでいるという話もあり、今の死者12人ではすみそうにありません。

今もBBCのニュースを聞きながらこれを書いているのですが、消防士の人が驚いているのが全ての階が中から全て燃えているということだそう。これって普通は起こらなのだそうです。確かに逃げてきた人の話では、逃げようとして家の玄関を開けたら共用の老化は煙で一杯で前が見えないほどだったということ。

イギリスはこの数ヶ月、マンチェスターでの爆発テロ、ロンドン橋での殺傷テロ、そして今回のビル火災と惨事ばかり。人間に厄年があるように国や地域にも厄年のようなものがあるのでしょうかね。

僕の地元である阿蘇もここ数年間厄年のようです。皆さんも記憶に新しい去年の阿蘇の地震。その前は阿蘇山の爆発に降灰、そしてその数年前には阿蘇谷で至る所で地滑りが起き、洪水に。今年は阿蘇に何も不幸が起こらないといいなと願ってやみません。

テレビをつけても、ラジオを聞いても、新聞を読んでも心が重くなってしまうニュースばかりのイギリス。何か明るくなれるニュースが聞ける日がすぐに来るといいのですが。

 

庭のためなら苦労も厭わず

週末。いい響きですね。それも土曜日の朝って最高ですよね。”今日と、明日で何をしよう。”ってワクワクして。今朝はそれに加えて窓の外が真っ青な空だったので余計に。

金曜の夜は疲れすぎで気がついたらまた、ソファーに寝ていて起き上がったら夜の11時半。金曜の夜は本当に電池が切れたように眠り込んでしまう悪い癖が最近あるように思います。

いつもの土曜日なら9時すぎまで寝ているのですが、今日は8時に起きて朝食もとって出かける準備完了。

実は先週にミニからメッセージが来て、”ガーデニングを手伝って欲しい。”との依頼が。ガーデニングというと聞こえがいいのですが、ミニがかった家の前オーナーが庭仕事をサボっていたらしく、ミニがかった時にはほぼジャングル化していた庭。少しづつ手伝いながら開墾してきて、だいぶ最終段階に近づいてきたんです。

 

1年ほど間にジャングル化した場所の草や木を掘り返して庭の片隅に放置していたのですが、今回ミニがスキップを借りてきたのでそこにすべての石、土、草を入れ込もうという力仕事に駆り出されたわけです。

ちなみにスキップというのは鉄で出来た巨大な入れ物と言えばいいんでしょうか。軽自動車一台の面積に高さがその半分ぐらいの大きな容器を想像してもらえるといいかと。これに不必要なものを入れて満タンになったら業者に電話をしてそれごと引き取ってもらうという仕組み。

この作業、ビニールシートのおかげですんなりと入らなくなったものをこのスキップに運び込めて終わったのがちょうどお昼過ぎ。なのでデリバリーのピザを食べて腹ごしらえ。ビールも飲んで、太陽の下で少し休憩。芝生で横になるのって気持ちいいですよね。

ミニに髪を切ってもらって本当は終わりだったんですけど、ミニが来た時に”この木の根っこを頑張って今掘ってるんだけどなかなか抜けない。”というのが気になってチャレンジすることに。

かなり深く穴を掘って途中で横に生えている根っこを切り、周りを壊して少しづつ根っこの包囲網を崩していく僕とミニ。こんなにも掘り下げました。

 

そして掘り上げたのがかなり大きな根っこ。

比較対象がなくて大きさがわかりづらいのですが、この根っこを持つのにも一苦労するくらいの重さで、左側のちょっと緑の部分が地上に出ていたところで後の茶色い部分は全て土の中に埋まっていました。

それだからか、家に帰った今ものすごく心地よい疲労感に包まれています。外での作業はやっぱり気持ちがいいものですね。

嵐のち虹

イギリスの天気って本当にめまぐるしく変わったりで、何を着ていいのか悩んでしまうんですよね。なので、夏になっても長袖や、ジャケットを着ることもしばしば。

先週まで暖かくて夏らしい気候だったのですが、今週は一転して冬のような温度です。朝の最高気温が10度。部屋の中でもひんやりとしています。ただ、窓の外には真っ青に晴れ上がった空が広がっているのは気持ちが良くて思わず深呼吸をしたくなるほど。

そういえば、昨日の天気が小さな嵐のような天気だったんですよね。横殴りの雨と、強い風。空は黒を帯びたグレーで、道行く人の表情も重めで。昨日は僕、仕事は半日なので午後の5時には家にいたのですが、さっきまで暗かった部屋の中が突然明るくなったんです。”お。太陽が顔を出したか。”と思って窓の外を見ると、、、。

 

物凄くくっきりとした虹が。虹って子供の頃はそんなに好きでもなかったんですが、最近はその色のグラデーションの移り変わりを写真で見るのが好きだったりします。

 

そして、よく見てみたら、、、。

ダブルレインボーでした。ダブルレンボーって見ると幸せになれるってよく言いいますよね。天気が悪かった日の締めくくりに、なんて素敵な終わりかた。

人生も、曇りや雨の日がある。だけど、それだから虹や晴れ上がった日などがもっと美しく、印象深く思えるんでしょうね。人生の雨も曇りも受け入れてこそ楽しい人生があるのかなって考えた昨日の終わりでした。

1時間ほど前にまたもや、、、

夜の11時過ぎ。シャワーを浴びて、さっぱりっした所で、ブログを書こうとコンピューターの前に。ちょっと、ニュースをと思ってヤフーの日本版のニュースを見ると”イギリスで車が歩行者を跳ねる。”との見出しが。携帯電話には母からの安否を確認するメールが。

今、BBCニュースをつけたところです。どうやらロンドンブリッジで白いバンが5−6人の歩行者をひいた模様。また、ロンドン橋の南側では刃物を使った事件が起き、警察が発砲を。そして、そこから離れた場所のヴォクソルでも何かの事件が起きている模様で、これが全て繋がった事件かは不明とのこと。

今もなおロンドンブリッジの付近では警察の数が増えて、ジャーナリストの人も現場から緊急のために逃げなきゃいけないような状況で未だに緊迫感に包まれているようです。

ロンドンブリッジといえば僕の昔働いていたレストランがこの橋の物凄く近くにあってとても馴染みの場所なんですよね。子供の頃に習った”ロンドン橋落ちる。”っていう歌でも有名ですよね。今までよく見ていた場所がパトカーや救急車などのサイレンや光に包まれていて、不思議な感じです。

未だに何が起きているのかはわからない状態ですが、これから時間が経てば事件の全容が見えてくるように思います。

このような惨事をライブでメディアで通して知ったのは北海道の奥尻島地震の時でした。あの時は確か僕は小学生で、自分の部屋で勉強をしていたんですよね。その傍らにはラジオが流れていて、そこで突然入った緊急ニュース。奥尻島の沖で地震が起きて島が大変なことになっていますとの鬼気迫るような語り口に恐怖を覚え、階下にいる両親の元に。そこで映し出されたテレビの画面に、驚きを隠せなかったことを思い出します。

数日前にマンチェスターで爆発テロ、その前にはウェストミンスターで同じようなテロが。イギリスを始めてして世界各国で起きているミサ別のテロ。世界はどこに向かっているのでしょうかね。

ちょっと疲れ気味なのかも

何が起きたというわけではないのですが、何となく体調がすぐれない感じで、、、、。前週末イギリスは3連休だったのですが家の中で特に何をするでもなく、よく言えばのんびりと、悪く言えばダラダラと過ごしてました。そんなダラダラがたたったのか月曜日は気分が重くて、何となくムカムカと小さな吐き気と頭がはっきりと目覚めない雰囲気で、やる気も起きずにダラダラ、、、、。どうしたんでしょうね。

何らかの気分転換が必要なのかなって思います。

最近、お店の仕事が忙しいいのも一因かな。先週は月曜日から水曜日まで新人の子に教えていて、1日の流れを書き出したり、自分でするときはそんなに気をつけないことも、いろいろと教えたりして、”木曜と金曜から少し自分でやってみようか。”って程で進めていたんですが、マネージャーに”一人ではできない、、、。”と言ってきて、人がいない次の日、金曜日と病欠。最後はマネージャーにメールで”辞めます。”ってことで終了するというね、、、、。

教えるのって結構、疲れるでしょ?これがまた、次のことを雇った時にするんだと思うとちょっと気が重いのですが、新しい子が体験に木曜日には来るのでその準備に取り掛かろうかと。

ちょっと寝つきが悪いのも、最近。いつもはユリ君と寝るときなんか、喋りながらでも隣でいつの間にかに僕は夢の世界に入っていることが多いのですが、一人ということもありちょっとだけ眠りが浅目になっています。

今ちょうどこんな感じかな。届きたいゴールは決まっているけどその道のりがたいへんな感じ。前を向いて歩きながらも、かなりの頻度で足元もみてバランスを壊さないようにしている感じ。

面白いもので、大人になればなるほどこのバランスの取り方は複雑になってきて、片方によちゃったり、大きくぶれちゃったりしちゃうんですよね。

今日は朝8時からの仕事で家に帰り着いたのが午後の8時。ユリ君と短いスカイプ後に夕飯をとって、最近物凄くハマっているドキュメンタリーを見て、今このブログを書いているところです。

この文章を書くお供の音楽は今日は、ユーチューブで見つけたアルファー波が出ているという人を眠りに誘い込んでくれる音楽。水の音があったり、金田他t理、シンセサイザーなのかな?不思議な空間が広がるこの音楽、凝り固まってオーバーヒートしそうな脳にはうってつけです。

午後11時。眠ることにします。おやすみなさい。

平穏を突き破るように

火曜日の朝。今日のイギリスは気温が26度まで上る予想になって、それにふさわしいすっきりと晴れた青空が。ただ、どことなくみんなの心は穏やかでないのではないでしょうか、、、、。

朝、無料の新聞を僕は通勤中に読むのですがその記事の1つに、映画、演劇、コンサートの批評のページがあるんですよね。その中であまり歌人歌手のアリアナ グランデのイギリスでのツアーが始まって、それに対する評価が。音響不備などのマイナス評価が多くて、星5個満点の中で星2つの低評価。”なるほどねー。”なんて思ってササッて読んで特に気にしていなかったんですが。

昨夜は仕事の終わりが遅くて家に帰ったのが午後の11時過ぎ。体も疲れきって、そこから夕飯を作ってシャワーを浴びたりしていたら午前1時に。すると母からメッセージが。

”イギリスで爆発があったようですが。みんな大丈夫ですか?”

”え?何かあったっけ、、、。”と携帯で調べるとイギリスの中部のマンチェスターで行われていたアリアナ グランデのコンサートで爆発が起き、19人が死亡との検索結果が。

最近はネットや報道が世界中どこでもすぐに起きるので、イギリスに住んでいながら、日本の両親や友達などに先に”大丈夫?”ってメールで事件に気がつく事が多かったりします。

昨夜遅くなってからの事件なので、これからいろいろなことが明るみになってくるのでしょう。最近、テロ活動があまりにも日常化しつつあるなって思います。少し前までだったら、”え。一体何が。どういうこと?”のような頭が真っ白みたいな感じだったのに、最近は驚きながらも”あ。またか。”と思ってしまうところもあって。人間の慣れって怖いなって自分自身のふと思うその感覚にびっくりしてしまったりします。

1日1日を大事に過ごさなきゃなって思います。皆さんに取っても今日という日が良い1日になりますように。

 

眠る前に

今日は撮影日です。ロンドンの中心部で、花嫁花婿をロンドンの観光名所の前で写真を撮ることになっています。前日の天気予報は曇りでしたが、今の所青空が広がっている状態で、いい撮影になりそうです。頑張ってきますね。

最近、よく眠れるんですよね。僕のブログをよく読んでいらっしゃる人はわかると思うのですが、悪夢に悩まされることが多くて、、、。だから、安眠するにはどうしたらいいかなってよく考えることがあるんですよね。

それで、ここ最近していることがあって。どうやらこのおかげか、最近悪夢を見ずに過ごせることが多いんですよ。

それがね、これ。

これ、なんだかわかりますか?ルームスプレーなんですよね。香りは野生のイチジクとブラックベリー。

深呼吸を何回かして眠ると安眠できると何かで読んで、これを実践していたのですが。ある時、”深呼吸を自然にしやすいようにいい香りがあればいいのではないか。”との結論に至り、このスプレーを購入。

寝る前に少しだけ降っていい匂いを思いっきり吸い込んで眠りに落ちています。これ、いいですよ。幸せな気分で眠りに落ちれます。

もう一つの世界

週末。いつでも、いい響きですよね。だから、次の日の月曜日はどことなく憂鬱になったりしますよね。そん今週の僕の月曜日は、いつもと違った感じです。

実は、スコットランドへと旅立っていくんです。休暇ではなくて、仕事で。結婚式の撮影なんです。ロンドンからスコットランドまでは4時間半の電車の旅。初めて訪れるスコットランド、どうなりますやら。天候も数日前までは小雨のマークだったのですが、今の所晴れ/曇りのマークに変化を。

あと1時間も経たずに出発です。頑張ってきますね。

さて、夢って便利じゃないですか?”何を突然!!”って思われるでしょうけど、、、、。

夢って自分の日常生活と違ったシチュエーションだったりするでしょ?それって、普段ではできない経験だとか、出会いを夢の中でできるってある意味幸せだなって。もちろん、僕の場合は悪夢が多かったりで朝起きると疲れ切っているってことも多々なのですが。

そんな夢の中で面白いものがありました。

と書いて、、、、。今は木曜日。そうなんです。上の文章まで書いて、電車の時間が迫って全てを書くことができずに今に至るんです。申し訳ない。

スコットランドの撮影もうまくいきましたよ。天候にも恵まれて、素敵な撮影のローケーションも見つかって大満足。その話は後ほど。

さて夢の話。

夢って面白くないですか?現実世界ではない場所にいたり、人物に会えたり。どちらかというと突拍子もないシチュエーションが多いのですが、時に物凄くリアルな夢ってないですか?

この前見た夢が現実世界のパラレルワールドみたいな夢で、目覚めて”そっか、こんな気分なんだ。”って時間したんですよね。

その夢の内容はこんな感じ。僕は夢の中でロシア人の女性と付き合っているんですよね。2人で手をつないで歩いて出かけたり、夕飯を食べに行ったりで付き合ってもう長い感じ。夕飯後に海辺の道を歩いていて、僕の頭の中にあるのは、”自分は同性愛者なのに、なんでこの子と付き合っているんだろう。関係が長くなればなるほど別れるのが難しいな。言わなきゃな。”って思っていると、数歩前を歩く彼女が振り返って僕に近づいてきて、そっと首に腕をまわされて、近づいてくる彼女の顔。そこから発せられた言葉が、”そろそろ結婚のこと考えてもいいかもね。”という言葉。

この”結婚”の2文字に僕の頭の中では、”どうしよう。別れるどころじゃ無いじゃないか。結婚を断って、自分が同性愛者であることを認めてわかってもらえるかな?彼女はロシア人で、もし父親がロシアのマフィアだったらどうなるんだろう。”ってなことで焦って、目が覚めました。

夢って、こういう時に本当に便利ですよね。自分がしなかったこと、出来なかったことを体験できて。そして結果的に、”あー。今自分が持っている人生が一番なんだな。”って思わせてくれるから。

皆さんも最近、面白い夢みましたか?

イースターホリデーは忙しく

みなさん、お待たせしました。ここ数日ブログがおろそかになってしまって、やっと今、書いているところです。

イギリスはイースターホリデーで、先週の金曜日から今日の月曜日までお休みなんです。イギリスは祝日が日本に比べて少なくて、みんなのテンションも上がるんですよね。

そんな今年のイースター、2月の終わりから週5でずっと働いていたので、”ひと休憩。”って思っていたのですが、、、、そうはいかないものなんですよね。

金曜から日曜日まで3日間違ったパーティーが続き、しかもどれも食べ物を持ち込みだったんです。何を作ろうとホリデーの前から考えて、毎朝3日間、ケーキ作りとともに1日を始める日々が続いていたんですよ。

ケーキ作りで始めるというのも悪くないもんですね。パーティーの到着時間を考えて焼き上がりを考えなくてはいけないので、それを逆算しながら起き上がるのも面白かったし。なので毎朝7時半起きでした。

金曜日はパーティーが午後7時からだったので、この日は余裕を持っての行動。日本人の昔の同僚が誕生日と日本への帰国を兼ねたパーティーだったんですよね。この時に持っていったのはチェダーチーズとほうれん草を焼き込んだマフィン。マフィンは甘いとイメージがあるでしょ?これは甘くない、惣菜版。詳しい作り方は後のブログであげますね。

この日のパーティーはパブであって、このパブが食事を出さないので食品持ち寄りだったんです。美味しいエールにこの日会った初対面の人たちと楽しい時間を過ごして、終電のためにパブを後にしたのは午後11時過ぎ。予定だと1回乗り換えて家に着くのは0時40分。のはずが、、、、。乗り換えの電車が定刻になってもこない。しかも電光掲示板は時間が進むごとに遅れる時間が延びていき、、、。実はこの遅れている電車、終電なんですよね。外で待つのは寒いし、途中の駅まで行く地下鉄が来たのでひとまずそれで家に近づくことに。

家から5駅先までついて、、、。電車がなし。どうしよう、、、、。周りにはそんなほとも数人ほど。ここは運良く快速電車が止まる駅でもあるので、それに期待をするも。。。。どうやら、ロンドン中心の電車すべてが何らかのトラブルで終電まで残り2本のはずの電車もキャンセル。

終わった、、、、。と思っていたら、ロンドン郊外で中心部にまでいけない電車が戻ってきてくれて僕たちを乗せて行ってくれました。もちろん、予定時刻よりもかなり遅い午前1時半頃でしたが、家に帰れた事にホッとしました。

次の日は午後1時の始まりで、場所が南ロンドン。僕は北西部なのでかなりの距離。午前11時半には出発をしなくてはいけないので7時半に起き出して、パウンドケーキを焼きました。

この日の目的はお花見と、卓球。友達の住む家の近くの公園に野外の卓球台があるとのことで、去年シャンパンを飲みながら盛り上がったのが始まり。なので、今年で2回目。去年は参加人数四人なのに対して、今年は8人。

花も綺麗でしたよ。

 

みんな料理上手で、いろいろな種類の料理が所狭しと並べられました。

 

もちろん、美味しいお酒も。満開の桜の木の下で食べたので、時折吹く強い風が桜の花びらを散らしてくれて花吹雪。

桜の花びらも入り込んでくるほどの桜吹雪に、お酒も進みました。卓球大会も盛り上がり、寒くなってきたので友達の家に移動。午後1時に始めたので、7時ぐらいの解散かなって思っていたのですが僕が友達の家を後にしたのは午後10。

だけど、楽しい時間はあっという間ですよね。

皆さんも素敵な週末となりましたか?

 

ほんの少しだけ前に

イギリスは夜の10時過ぎ。さっきシャワーを浴びたためか、体が火照っていて窓を全開にして夜風を入れながらこのブログを書いているところです。最近は8時頃まで外は明るいので、この時間に訪れる漆黒の空は心を沈静化させてくれます。これから夏至まで日々日の入りが遅くなるというのは嬉しいことですが、その反面にいま何時なのか分からずに気がつくと夜の9時過ぎなんてことも。

最近この夜の深さが好きな理由があって、それが月。先週から本当に金色と白を混ぜたような立派な月が東南の方から上がって僕のリビングの床にの転がっているとちょうど窓から見えるんですよね。その光の冷たさと温かさ。時に電気を全部消して、月の光だけを部屋の採光にする喜び、これはひとしおです。

鎮静がある夜の日って、素敵ですよね。

さて、今日の朝は少し早めの電車に乗って出勤しました。いつもならロンドンの駅についてそこから歩いて始業時間のギリギリにつくのですが、今回はちょっとしたトラブルがあったようで、いつもの電車ではなくて普段は止まらない特急の電車が臨時で止まってそれに乗ることに。

なので、いつもより10分ほど、早くロンドン中心部に到着。

時間に余裕があると、心にも余裕ができるんだなって今日、感じました。

いつもは前の人の動きとか、車の往来だとか、信号の変わり方だけをチェックしてひたすらマシーンのように早歩きな僕。だけど、今日は朝の光の中に漂うスンとした空気や、白く小さな花びらが木の枝に咲いている様だったり、ふわりとした春の風に飛ばされて舞い上がる白いビニール袋だったり、日頃目にとめない様なものに自然と気がつくんですよね。感覚穏やかに研ぎ澄まされていくのを感じ。

1番の収穫は、光の美しさ。僕の中ではこの季節の朝の8時半頃にできる通勤路の建物の影が一番素敵だなって思える時間なんです。全てが立体感を帯びて迫ってくるような、ちょっと寂しさにも似たこの影の美しさ。白黒写真にしたらものすごく、いいだろうな。そう思える影がこの朝の8時半の光には今、あるんですよね。

これってフォトグラファーの癖なのかな?光の作る美しさに目を、そして心を奪われることが多いんですよね。

みなさんにもオススメです。ちょっとだけ早めに家を出て、自分の周りにある春の美しさを探してみませんか。