疲労を回復するもので

いやー、疲れてますよ、今週は。まだ週の真ん中なのに、体も心もぐったり気味で困ってしまうほど。

身の回りの物事や、しなきゃいけないことが多いし、仕事もいつもよりも多めに働いているのでそのせいでしょうね。僕の体、どうやら週5日の仕事に向いてないようです。(こんなこと書いたら、週5日働いている人に怒鳴られてしまいそうですが、、、。)

そんな体をお風呂の温かいお湯につけて、しっかりマッサージもしてこれでスッキリなったかな?って思ったんでうすが、どうも疲れが残っている感じ。目の奥、肩甲骨の下のあたりが重い感じなのと、脳みそ寝ぼけていて、体が重い感じ。普段の2倍の重力で地面に引っ付いているような、そんな感じ。

どうしよう?いつものリラックス法を超えて何かが必要だ。

音楽だなって、思って最近気になっている音楽をかけてみるも自分の今の気分にしっくりとくるものがなく、聞いていても何か腑に落ちなくて、アンバランスな感じで、、、、。”何が僕に今必要なんだろう?”って考えてたどりついたのが、、、、。

Enya(エンヤ)。アイルランド出身の奥行きのある、しかもどこか遠くの世界にれてってくれるような歌声を持った音楽家。

イメージでいうとこんな感じ。

 

エンヤの出会いは、19歳で一人で移り住んだアメリカでのこと。初めての海外が、旅行ではなくて移住だった僕にとって最初の数週間はかなりのチャレンジでした。英語が上手いわけでもないので自分が思ったことを表現できないし、19年間も過ごした家族とも別れてホームシックでもあるし。そんな時に滞在していた人の家が、木の匂いがする新築(この持ち主の人が自分で建てたもの。)でリビングの天井が吹き抜けで、その高いところには窓が。そこから夜空が見えて、その晩は月がそこから見えたんです。せっかくだから電気を消して楽しもうってことになって、その時に聞かせてくれたのがエンヤのアルバムだったんですよね。それだからか、エンヤの音楽と月の夜空は僕の中で重なるものがあります。

今聴いているのはA Day without Rainというアルバム。僕の好きな映画、スイートノーベンバーに使われたOnly timeも収録されています。

エンヤの曲は真っ暗な部屋の中で目をつぶって、彼女の曲がか持ち出す浮遊感に自分を沈めることだと思うんです。身震いのような小さな感覚が全身に感じて、体が少し軽くなった気になりますよ。

 

 

 

心を揺さぶる旋律

月曜日の朝を迎えたロンドン。曇り空ながらも太陽の予感が雲の向こう側に感じられる空模様。風が強いのか雲が速い速度で流れています。少し肌寒さを覚えるそんな朝には少し濃いめに入れた熱い紅茶で体を温めるに限りますね。

みなさん、どんな週末を過ごされましたか?日本はお正月気分が抜け始めた頃なのでしょうか。

この時期は寒いし、日照時間も短いしで気分的にも落ち込んでしましますよね。外に出るにも、”よーし。行こうか!”と言うような意気込みがないと動けない見たいな。

だから、お休みの日はこの季節には家の中にいることが多いんですよね。半冬眠のような生活をし時折、窓の外を眺めては人々がいるであろう現実世界の雰囲気を感じる、そんな生活。

そんな穴ぐら生活の中で大事なのは音楽。部屋中に音楽を満たして、その中で勉強をしたり、掃除をしたり、食事をする。その大事。

掃除をしたり、アイロンがけのときは歌詞がある音楽の方が一緒に歌えるので好きなのですが、勉強や書きものをしている時は歌が入ってくるとその歌詞に集中をしてしまうので僕には向いていないんですよね。

だから、ジャズだったり、クラッシックだったりがメインに。ジャズもクラッシックもそうなのですが、あまり楽器が多くない方が僕は好きです。チェロとピアノだけだったりとか、そして音楽に音楽があるとしたならば温度が低い感じのひっそりとしたもの。もちろん、内部に秘めた熱量が熱い分は構わないのですが、外側はクールという感じが僕には一番合っているようです。

ちょっと違うところではグレゴリオ聖歌(ヨーロッパのカトリック教会などで歌われる子供、修道僧、修道女の賛美歌。)も聴いたりします。これは聴くと、心がふわっと上がる感じが好きです。

最近、家で勉強をする機会が多くて、何か部屋を満たす素敵な音楽はないかなって探していたんです。そして昨日、運命の出会いに。

Ludovico Einaudi(ルドヴィコ アイナウディー)の最新アルバム、Elements。

イタリア人の作曲家で、1955年生まれ。ミラノでクラッシック音楽を学んで、その後は映画やコマーシャル音楽を数々手がけているそうです。

彼の音楽、簡単に言うと坂本龍一と久石譲を足して2で割った感じ。

楽器の量も多くなくて、音楽温度も低め。どんより曇り空や雨の日を思い起こせるような感じの音楽がこのアルバムは多い気がします。けど、その中に隠された情熱のような高い温度に心揺さぶられるんですよね。

穏やかな気分から、突然湧き上がる不思議な感情。これは本当に音楽の魔法だなって感じるくらいの。この作曲家に巡り合って本当に良かったなって思える、そんな素敵な音楽。

ユーチューブに彼のクリップがあったので貼りますね。これはどちらかというと穏やか。機会があったら、アルバムのElementを聞いてみてください。一発ノックアウトですよ。

心に響く声

昨日の雨で暗い1日とは違って今日は素敵な青空の1日でした。どうしてでしょうね、太陽が出ているだけ、ただの青空なだけ、それ何に心躍り、何かしなきゃって活力が湧いてくるんですから。

ヨーロッパの冬は本当にグレーの色一色で表すのが一番わかりやすんですよね。冬の日照時間なんて日本tに比べ物にならないくらい短くて、、、。だから時に太陽が明るい日がくると、”うわー。太陽だー。気持ちいいなー。”って気持ちがより多いんです。もっとひどくなると、”おーっ!!これが太陽の眩しさか。あまりに見てなかったので眩しくて目が開けれない。”これ、冗談じゃなくて本当の話なんです。

そんな明るい1日なので、まずは窓を開けて新鮮な空気を部屋中に送り込んで、それから掃き掃除。暗いときは気がつかなかった綿埃などを綺麗に片付けました。それから腰痛防止に運動をして、買い物に。

 

こんなときに聴きたくなる声があるんですよね。

それがイギリス出身の歌手、ナターシャ ベディングフィールド。彼女の力を抜いた、だけど力強い歌声がときに無性に聴きたくなるんですよね。しかも彼女の歌詞が心に響くんです。”もう一歩だけ、頑張ってみようかな。”って気にさせてくれる魔法があるように思えてなりません。

ただ、2009年に結婚してそれから一枚アルバム出して、音沙汰なしな状態で、、、。いつ音楽シーンに帰ってきてくれるんだろうと切望しているのですが、、、、。ま、私生活が上手く行っているということなのかもしれませんね。

さて今回は数ある僕の好きな彼女の曲の中から選んだのは、Unwritten。日本でも流れていたことが多いいんじゃないかな?他にももっと好きな歌あるんですが、この太陽の眩しい青空にあう歌はこれだなって思ったので、この曲に。

歌詞は、”自分の感情や思いは口にしないと伝わらないものだから。あたなの肌に落ちた雨つぶはあなたしか感じることはできない。だから、今日から自分の物語そして、その感情を自分の言葉で表そう。終わりなんてどうなるかなんて分からないんだから。”というもの。

テンポも良くて、つい口ずさんでしまう歌です。下に歌詞の動画を貼っておいたので英語の勉強も兼ね見てみるといいですよ。