ハイブリッドの人間に会う

クロヒョウと人間のハイブリッドっに出会ったことありますか?。僕、あっちゃいました。全体的はクロヒョウのフォルムで、顔つきがどことなく人間の雰囲気を少しクロヒョウに取り込んだ感じかな。だけどその目は人間の目でした。何となく吸い込まれてしまいそうな目で。世話をしている女性の人が触ってもいいというので恐る恐る手を出すと、猫の様に頭を僕の体に摺り寄せてきて、かわいらしんですよね。その女性に、どうやら気に入られたみたいね。”と言われて満足する僕。そのハイブリッド君とその女性を残して数メートルほど歩くと、背後に人の気配が。振り返ると2mほどの身長の人物が。あのハイブリッド君、ヒョウのような格好にも、人間の格好にもなれるようなんですね。”電話番号教えて欲しい。”と携帯を差し出してきました。

これ、昨日見た夢なんですけどね。なんか面白いでしょ。

その後、僕はそこを後にして先に進むのですが、レンガを敷き詰めた5m先が突然なくなっているんです。そのレンガの道は15mほどの向こうからはまたその奥に続いているのに、、、。その15mの間が、、、。道の終わっているところまで歩いていくと、そこからは20mほど下に街が見ます。車が走っていたり、人が日向ぼっこをしていたり。高所恐怖症の僕はそこで体が固まっているのですが、どうにかして向こう側に行かなければならい、、、、。するとどこからか声が。”思いっきり走って飛べばいいんだよ。”声のほうを見ると体付きの良い髪を剃り上げた男性がサングラスをかけて立っています。僕が高いところが苦手なことが分かったようで、”弱虫だな。高いとこから飛び降りるのは踊ることなんだよ。”と言われ社交ダンスの様に両手を持たれたと思ったら、そのまま何もない空中へと引きずり出されました。

”リズムが大事なんだよ。”といわれ数字をカウントするその男性。20m先の地面はまだはるか遠く。なぜかと言うと落ちる速度が物凄く遅いんですよね。水中をゆっくりと沈んでいく感じかな。それに縦に落ちているというよりかは、大きな円を描いている雰囲気。螺旋階段みたいに。その落ちていく間も僕たち二人は踊り続けます。

そしてその踊りの途中で目が覚めました。

不思議な夢ですよね。怖い夢ではなかったので、起きた後に叫んだりとかはなかったのですが、不思議な気持ちが体中に残っていてその後また眠りに落ちるのが難しかったです。

そんなその日の夢とか、1日の出来事をブログのほかにもう1つ書き記すところがあるんですよね。

僕のブログを長年にわたって読んでくれている人はご存知ですよね。日記です。日記を書くのはブログを書くよりも少し前、イギリスにきて1年過ぎたあたりからちゃんと書くようになったから、ちょうど10年かな。ちゃんと書き始めたころからPaperchaseというステーショナリー屋さんのオリジナルの日記を買っているのですが、今年はこれに。

日記をつけるのが女性が多いのか、最近は花柄とか、かわいいデザインのものが多くて、、、。買うときに迷ったんですけど、オランダの画家.デ’・ヘームのような暗い背景になまめかしいまでの花の感じが何となく面白いかなと思って購入。どうやら一冊一冊花の模様の使われ方が違うようで、僕はこの赤、黄色、紫の花それぞれが自己主張の強いものに。

今年になって朝起きてその前の日について書くんですけど、書く内容が変わって来たなって思います。昔は寝る前に帰ってきてその日の出来事をただ書いている感じだったけど、今は何をしたかよりも何をおもっているかとか内面的な事を書くことが多いなって。書きながらよく思うんですけど、日記を書くことってセラピーだなって。

書くことによって嫌な事やつらいことを思い返して、それを言葉にして書く。すると、言葉にすると”あれ、そんなに悩むような事でもないのかも。”って思えることが多くあるんですよね。もし悩んで眠れないような人がいるなら、日記を書くことお勧めしますよ。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published.