どうにかして抜け出したい

寒さが増しているドイツ今日は最高気温が5度。週末には最低マイナス2度、最高零度とかなりの寒波が来るようで、暖かくしておかないとなって思っています。けど、寒いのも仕方がないのかもね。だって、もう師走も半ば。今年も残りあと半月しかないということですもんね。冬の寒さが増しても仕方がないよね。うん。そう思って割り切って寒さを楽しもっと。

ただもう少しだけ日没が遅くなればなって思いはぬぐい切れないんですけれどね。だって、今日は午後4時11分が日没だって。早い。確かにもう外は薄暗い。日の出が8時40分だから太陽が空に出ている時間は7時間半しかないのか。しょうがない。冬だもんね。うん。しかもあと1週間ちょっとすれば冬至だし。そこからはまた、日照時間が伸びてくる。辛抱だ!!

さてさて、そんな冬の日々に取りつかれているのが悪夢。また来ちゃいました、この悪夢が連続する日々が。

今日で3日目なのですが、起きて、「あー。よかった、夢だったんだ。」って思う安堵感と、疲労感に不快感が残って何となくスッキリできない朝を迎えています。早く悪夢習慣が終わってくれないかな。。。。

悪夢と言ってもお化けが出てくるとかではないのですが、なんとなく精神的に疲れる夢が多いんですよね。もちろん、夢からの経験で学べることもあって、「こんなことは現実の世界ではしてはいけないな。」って思えるのはこの悪夢の利点かな。

今回はまあ、2本立ての日があって。その夢の感情の浮き沈みたるや、ジェットコースターでした。

この2本仕立て。似ている夢だと、なんとなく疲れも少ないんですよね。同じような感情の揺さぶりだから。だけど今回の2本立ては全く違った感情を揺さぶられる夢でうろたえました。

最初に見たのは、僕の父方の祖母が今まさに死のうとしている場面。

病院かどこかなのか、見慣れないベッドに寝ている祖母。周りには家族はおらず僕だけ。その祖母の表情からも、そろそろ天国へと旅立つんだなって言うのが感じられます。「ちょっと、みんなを探してくるね。」と離れようとする僕を引き留める祖母。「もう、間に合わないから。いいの。あなたがいればいい。」その言葉で、祖母を今から失うんだなと心に響いて、ふと振り返るの人が数人が見えます。「すいません、助けてくれませんか、祖母が死にそうなんです。」というとその人たち色を持っていないんです。灰色って言うのかな、周りはカラーなのに彼らだけが色がなくて僕の声も聞こえないのか、背を丸めてお弁当を食べているだけ。祖母の手が僕の肩へと延びて僕の両肩をつかみます。祖母の周りに流れる色が見えます、祖母が来ていた着物の柄の赤と桃色の間の暖色と、若緑の淡い緑色。その色が祖母の周りを包んでいて、僕が口にできる言葉は、「まだ、だめだよ。いかないで。」けれど、その色の流れは増すばかりで、もう駄目だなってわかって「今までありがとう。」って言うことができたと同時に祖母の首がガクッと落ちました。そこからは祖母の体に抱き着いて泣き出す僕。自分の鳴き声で目が覚めました。

身近な人の死を夢で見るのは初めてではないのですが、いつまで経っても慣れません。この日はユリ君の両親の家にいたので、部屋は一緒だけど部屋の両端に置かれたシングルベッドにそれぞれが寝ているのでユリ君に助けを求められないもどかしさ。それから1時間ほど眠れなくて、どれでやっと眠れた時に見た夢がまた、不思議な夢で。

町の中を歩いている僕。国はどこだろう、日本ではなくてヨーロッパ。そして、向こうから来た人が僕の体に当たってくるんです。避けようとしてもわざと体を当ててくるみたいな感じで。その後は何もなかったように歩いていくぶつかってきた男。そこで僕は気が付きました、後ろポケットに入っているはずの財布と携帯がないことに。

一気にそのぶつかって来た男へと走り寄って、首の横を思いっきり叩いたら。なんと、その人、死んでしまうんです。「あー。殺す予定じゃなかったのにな。こっちが今まで被害者だったのにこの状況だと、僕が加害者だよな。」って僕の頭が思っているんです。

それで驚いたのが次の僕の中に浮かんだ考え。「これで人を殺したの3人目か。ってことは僕は連続殺人鬼とでも呼ばれるのかなー。」ってこと。自分で思いながらその考えにびっくりする僕。3人殺して、しかも罪悪感もなし。「証拠を隠滅しなきゃな。」って死体を運び、その殺してしまった人の身元ににつながる物を抹消していくところで目が覚めました。

ね、なんとも不思議な夢でしょう。一方の夢ではかなり繊細な人間感があるのに、もう一つはロボットのような思考。起きてかなりの疲労感に包まれたことは言うまでもありません。

今日はゆっくりと幸せな夢が見れるといいなー。

Leave a Reply

Your email address will not be published.