至る所で、こんなにも

イギリスはここ数日、30度を越す真夏日でもう疲れています、、、。最近はエアコンがあるところも多いのですが、地下鉄でも、パブでも、お店でもクーラーがないところって多いんですよね、未だに。そんなところだと、こんな30度を超える日は暑くて、、、。

ちなみに僕の働いているお店も、クーラーなしでしかも熱が店内から逃げないので外の方が涼しい程の暑さに。多分、35度くらいでしょうか。その中で10時間ほど働いているとね、疲れもひとしおですよね。

さて、そんな疲れを忘れさせるためにもドイツのハイキング旅行の話へと戻しましょう。

時に川沿いを歩いたり、森の中を進んだりと、視界が開けたりと色々な景色を楽しめるのがこのハイキング。

まるで、ヘンゼルとグレーテルの世界。パンくずを落としてもこれじゃ帰ることも無理。そんな森の深さ。

すると、ユリアンが茂みに入ってゴソゴソ。

そこにあったのは、これ。

 

 

野生のブルーベリーとラズベリー。これが本当に至る所に生えてみをつけているんですよね。ブルベリーの木は膝ぐらいの大きさで小ぶり。ラズベリーの方が背が高く、野生種のためかスーパーのよりも小柄。

ユリアン曰く、あまりしたのみは取らないこと。狐や犬がおしっこをかけて、その寄生虫がいるかもしれないから。食べるなら直射日光があまり当たっていないところで育ったものを食べるべき。なぜなら甘みが増すから。

確かに木によっては酸っぱすぎるもの、逆に本当に甘いものもあって、そのアタリ的な甘いものを探すのに僕は結構がんばりました。かなりの数ハイキングをしながら食べたように思います。

また、この日ではなかったのですが野生のプラム(こちらもスーパーの大きさの5分の1の大きさ)を食べることができました。これは本当に甘かったー。

ハイキングってこんな楽しみもあって、いいですよ。

Leave a Reply

Your e-mail address will not be published. Required fields are marked *