様々な色の中を

暑さが昨日よりは少し和らいだロンドン。そして月曜日はイギリスでは祝日で3連休になるんですよね。ただ、イギリスは日本に比べて祝日が少なくて、この後はクリスマスまで祝日なし。貴重な祝日です。

さて、話をまたドイツのハイキングの旅に。

僕は端くれながらも、写真を撮って生きているんですよね。だから、ハイキングバッグの中にはカメラが。カメラを持って歩くと本当に重いんですよね。肩にずっしりと重みが。こんなに重いなら、カメラを置いていけばいいのにっていう重さ。

だけど、素敵な景色に出会えるのならば、それをカメラに収めることができるのならば、”重くても頑張る!!”って思うのがフォトグラファーの心意気なんですよね。

今回は色の美しさをとらてた写真をおすそ分けです。

青空が湖面に美しく映り、そこに横たわる巨木。この水の中でこの木は少しづつ解体されていつか姿を消すんだなって思うと不思議な気がしますね。

 

     colour (2 of 5)

同じ青空をバックにしても赤い実をならせて緑の葉を広げる木と、枯れてしまった木々の群れ。似たような感じの写真になのにそれぞれに違った印象を受けるのも写真の面白さだなって思います。

青と緑の他にも、ピンクや黄色の花々も咲いていました。穏やかな時の中で少しづつ歩みを進めて、変わる景色や風景の中で溶けこめるのはハイイングの醍醐味。

colour (1 of 5)

この蝶々がある場所に本当にたくさんいて、一番驚いたのが人を怖がらないんですよね。何十匹の蝶がこの花の周りを飛び回ったり、止まっていたり。ユリアンが指を伸ばしてとまるか試していましたが、どうやら彼の指は蝶々のお気に入りではなかったようです。

 

 

Leave a Reply

Your email address will not be published.