5月と言えども、まだまだ。

日本は長かった人は10日間のゴールデンウェークの休みを終えて、学校に仕事に戻って少し5月病にでもなっているころなのかな?長い休みの後に仕事や学校に戻るのって億劫ですよね。皆さんが5月病に苦しんでいないといいのですが。

僕は元気にしています。ユリ君が調子を崩してしまって1週間ほどかかり、先々週末は本当はユリ君と僕の2人でドイツの中央部まで旅行に行くつもりだったんですね。ホテルも、なんでも予約済みで。

だけど、僕たちの休暇の過ごし方と言えばハイキングに行ったり、スキーに行ったりと何かと体を動かすのが基本。なので、体調が悪いとハイキングにも行けないし、出来ることはホテルにいるくらい。それしその週末の天気は雨。そうなると、行く意味はないのでキャンセルしました。残念だけど、仕方がないこと。体調がなんでも一番ですからね。

僕もその後少し体調が悪くなって、どうしたのかな?風邪かな?って思っていたのですが、これはもしかして花粉症かな?と思って薬を飲むとその症状が緩和されました。どうやら花粉症がドイツでも再発したのかな、、、、。

と言ってもイギリスに住んでいた時も1年に数日間は花粉症で苦しんではいたのですけれどね。ただ、日本での花粉症は数か月も続いたのでそれに比べればかなりましかと。

ドイツでの生活が今年の夏でまる2年。2回目の春。どうやら花粉症も追いついてきたようです。困った困った。これがイギリスの時のように数日で終わればいいのですが、どうでしょう?今はまだ毎日、花粉症の薬を飲んでいる所です。

ドイツ北西部はまだ、寒い。4月に20度ほどのぽかぽか天気があって、春だ!!って喜んでいたのですが北国のん春と言うのはそんなに簡単には訪れないようで。先週1週間は最高気温が10度に届かないという寒さ。今週は12-13度くらいですが、日本の春のような気候にはまだ遠い様です。

この北海に接する町に引っ越して1年がたち、今年はパティオに植物を植えようという事になり、ガーデンセンターへ。ユリ君はあんまり乗る気ではなかったのに、日本でも有名なモミジを見るなり、「これがいい!!」というのでその鉢を1つ。あとは春の始まりに香りが良いライラックを買いました。ハーブガーデンも今作っており、ユリ君の願いもかねて今はトマトと唐辛子を種から育てているところです。

これから夏至へと向かうドイツは、庭が輝く季節を迎えます。

Leave a Reply

Your e-mail address will not be published. Required fields are marked *