嵐のち虹

イギリスの天気って本当にめまぐるしく変わったりで、何を着ていいのか悩んでしまうんですよね。なので、夏になっても長袖や、ジャケットを着ることもしばしば。

先週まで暖かくて夏らしい気候だったのですが、今週は一転して冬のような温度です。朝の最高気温が10度。部屋の中でもひんやりとしています。ただ、窓の外には真っ青に晴れ上がった空が広がっているのは気持ちが良くて思わず深呼吸をしたくなるほど。

そういえば、昨日の天気が小さな嵐のような天気だったんですよね。横殴りの雨と、強い風。空は黒を帯びたグレーで、道行く人の表情も重めで。昨日は僕、仕事は半日なので午後の5時には家にいたのですが、さっきまで暗かった部屋の中が突然明るくなったんです。”お。太陽が顔を出したか。”と思って窓の外を見ると、、、。

 

物凄くくっきりとした虹が。虹って子供の頃はそんなに好きでもなかったんですが、最近はその色のグラデーションの移り変わりを写真で見るのが好きだったりします。

 

そして、よく見てみたら、、、。

ダブルレインボーでした。ダブルレンボーって見ると幸せになれるってよく言いいますよね。天気が悪かった日の締めくくりに、なんて素敵な終わりかた。

人生も、曇りや雨の日がある。だけど、それだから虹や晴れ上がった日などがもっと美しく、印象深く思えるんでしょうね。人生の雨も曇りも受け入れてこそ楽しい人生があるのかなって考えた昨日の終わりでした。

One thought on “嵐のち虹

  1. そちらでも二重の虹が見れたんだね! 夏でも寒い日があったり、結構気候が似てるよね!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *