出揃ったクリスマスのCMたち

朝すてきに晴れていた思ったら昼過ぎから豪雨。その後は一気に晴れ上がるという、不思議なお天気のロンドン。夜にはすてきな月が浮かんでいたんですが、今はまた小雨がパラついています。

さて、数日前にイギリスの大手デパートであるJohn LewisのクリスマスCMを紹介しましたよね。最近はどこのお店もクリスマスCMに力を入れていて、それをチェックするのがこの時期の僕の楽しみにもなっていたりするんですよね。

 

 

今回は僕がオススメなものを何本かご紹介します。

2014年に第1次世界大戦のクリスマスの時を描いて、イギリス中を感動の嵐に巻き起こした大手スーパーのSainsbury’sは今年は家族で過ごすクリスマスを強調したミュージカル風です。歌詞とお話の内容がリンクしているので聞きながら、見ながら楽しめます。

 

続いてははオンラインショップのLittlewoods。クリスマスって、自分の欲しいものをもらえることが多いでしょ?その喜びを表したもので、通りの角を曲がった瞬間にイギリス人らしさが溢れて、可愛いなって思います。

 

Tescoはお金をあまりかけずに、イギリス人のあるある感を使ってうまく演出。イギリスではよく、”いや、いや、もうクリスマスの曲って早すぎでしょ!!”、”クリスマスの飾り付けがもう売ってるんだけど、、、、。”なんて早めのクリスマス商戦を非難する感じがあるんですよね。そこをうまく逆手にとって作ってあるのがいいなって思います。

 

そして最後はM&S。ここはTescoとは違ってお金かかってます。そしてかっこいい。たぶん僕が思うにはヒラリーがアメリカ大統領になる前提があって作られているんじゃないかなって思うのは僕だけでしょうか?サンタ夫人のかっこよさに一目惚れです。

皆さんはどのCMが好きでしたか?

 

 

 

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *