冬の日本料理を考えてみて

さて、週末が終わってまた、月曜日ですね。しかも暦が12月に。2018年、残り一ヶ月もないということに驚きます。

週末はユリ君の調子が冴えなくて咳ばかりをしていたのですが、僕の髪が伸びすぎているからと切ってくれました。これでユリ君が僕の髪の毛を切るのは2回目かな?かなり短くなってビックリなのですが、髪もいつかは伸びるのでしょうがないかなと。ユリ君が多分悪いんじゃなくて最近生え際があがって来てるように思うんですよね。サイドも寂しい感じだし、もう短いのは無理なのかも。これも年ですね、、、。ってちょっとしんみり。

そうそう。ユリ君からアドベントカレンダーをもらいました。これは、大きな箱で、その上にクリスマスなどのこの時季の絵が描いてあって、そこには小さな扉が。その扉には番号書きされてあり、12月1日からクリスマスまでその日の扉を開けるというもの。おもちゃや、お菓子などがほとんどですが、大人用にジュエリーだったり、靴下だったりするものもあるようです。

ユリ君がくれたのはレトロなドイツの町が描かれた絵のアドベントカレンダー。ドイツでは有名なマジパン菓子の老舗のもの。マジパン好きのユリ君ならではのチョイス。もしかしたら自分が食べたいのではと思い、一つ上げようとしましたが拒否されました。これはあくまでもTakのだからって。なので、今日で3つ目のマジパンを食べたところ。しかも嬉しいことにこれ、クリスマスで終わらないのです。なんと来年のお正月まで続く少し長めのアドベントカレンダー。日本だとクリスマスよりもお正月のほうが盛大でしょ?だから、お正月まで続いてくれるのは嬉しいな。

最近は寒いのでスープだとか、オーブンで焼いた熱々の夕飯が続いています。昨日はユリ君があまり調子がよくないからというので、健康的な夕飯がいいとのリクエスト。なので、レンティル豆がたくさん入った、スープを短いパスタで一緒に煮たものに。今日の夕飯は豚肉、クルミ、リンゴを炊きあがったご飯とともに混ぜ合わせる、ちょっと不思議な混ぜご飯を作る予定。

いつもそうなんですけど、特に冬は日本の料理が美味しいもの揃いで、羨ましい。おでん、、、、。って考えて多分、僕はおでんが食べたいんだと。鍋はそこまでかな、、、あ、けどキムチ鍋はおいしい。冬の料理かはわからないけど、御節もおいしいし。って考えて、すぐに冬の料理が出てこない僕。これも海外生活が長い弊害。何となく雰囲気が好きなのかも、日本の冬の。

けど、気になるなと思って調べてみました。日本を代表する冬の料理。

って調べてみたけど、あんまり納得できる答えが見つかりませんでした。探したウェブサイトが悪かったのかな?たくさんの鍋はあったけど、鍋は総合して1つでしょ。そのほかにあったのが、焼き芋、雪見大福、たこ焼きにモツ煮と出てくるはいろんなものが。

中には納得するものも。お汁粉。これは確かに冬がいい。数の子、これも冬というかお正月感満載。ふろふき大根。これも素敵。赤味噌と食べたいな。

多分僕がこんなにも冬の日本食に憧れているのは、今おでんがものすごく食べたいこともあるけれど、僕の思い描く冬の家庭のイメージではないかなって。オアk族が温かな食卓で一緒に大きな鍋を囲んで食べている絵図。その後は、こたつの中でみんなでミカンでも食べながらテレビを見ている風景。そんなこたつの上にはおばあちゃんが広告から作ったミカンの皮入れようのいれもの。

そっか、そうなんだ。僕が恋しいのは日本の冬の食べ物というよりかは、その雰囲気なんだ。うん。合点がいった。

 

2 thoughts on “冬の日本料理を考えてみて

  1. 豚肉、クルミ、リンゴの混ぜご飯はどうやって作るんですか??生のリンゴですか?リンゴとご飯は合いますか?気になります・・・!分かります、私も日本に4年帰っておらず、普段はそこまで帰りたい!と思わないのですが(思わないようにしてるのもあります)冬になると日本の色々が本当に恋しくなります。雰囲気が好きなのも分かります。私はモツ煮が食べたいですねぇ。考えていたらますます食べたくなってきました(笑)

    1. もつ煮!!いいですね。おいしそう。鍋も載っていいですよね、特に冬。
      うん。豚肉とリンゴの相性っていいじゃないですか。あんまりリンゴの甘さは出てこないのでいいですよ。

Leave a Reply

Your e-mail address will not be published. Required fields are marked *