ドイツ語の判定試験

今日は朝から曇り空で、昨日よりも温度も低いのでエアコンなしの教室の授業も少しはましに。ノートで、もらったプリント類であおいで自分に涼を与えて過ごしました。

最近の授業の内容はもちろん教科書に沿ってではあるのですが、テストに向けての対策も多くなってきました。そして明日には模擬テストが。どうなることやら。

日本では英検とかTOEICなどの英語の試験はよく耳にすると思うのですが、ドイツ語にも試験があるんですよね。英語でもその種類があるようにドイツ語試験も同たらメジャーのものが数個あるようで。その中で僕が受けるのがTelcというもの。

今まで英語の試験はいろいろと受けてきたけど、ドイツ語のテストは僕にとってはこれが初めて。しかも結構な内容なんですよね。

僕が受けるのはB1というレベルで中級者向け。このレベルの合格するということは、日常生活のドイツ語会話はほとんど大丈夫というレベル。うーん。そこまで上手ではない気がするんですが、、、。やるだけやってみないとね。

内容はこんな感じ。

リスニング                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            1ラジオの短い放送が流れてそれに対して3択で答える 2 2人の会話が流れるのでそれに対しての問題文の正誤と正しいものを選ぶ 3あるトピック「例えば子供の学校時間は半日がいいのか一日がいいのか」について4人の意見が流れるのでそれと似たようなことが書いてある文章を選ぶ

リーディグ                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                             1穴埋めの文法問題、2あるテーマに沿った文章を読んで内容に合ったものを選ぶ問題、3 4人の人間が求めるものにふさわしい広告などを見つける問題

ライティング ある問題やお願いに対して提示された4つの事柄を入れて手紙を書く。例えば、大家さんに家の窓の調子が悪いので温度、修理、騒音、手紙を書く理由を入れて手紙を書きなさい。これは30分。なるべく文法ミスなく、短すぎずに書くことがポイントだとか。

スピーキング 自己紹介 ある写真を見てそれについて何がそこにあるかをスラスラと説明する、そしてその後にそのトピックについての質問に答える 二人組であるトピックを与えられるのでそれで即興芝居をする 例えば あなたのクラスメートが来週誕生日です。あなたはパーティーを開きたいと思っています、プレゼント、パーティー会場、食べ物と飲みもの、支払いを会話に入れてしゃべりなさい。

ね。盛沢山。リーディングはどうにかいけそうなんですよね。次がリスニングかな、そしてライティングで、スピーキング。話すのが実はこのテストでは一番大事なので、今回はB1合格は難しいかもしれなけれど、まずは頑張ってみます。

明日の模擬テストどうなることやら。ちなみに明日はスピーキングはないのでちょっと気が楽です。

 

 

 

 

Leave a Reply

Your email address will not be published.