クリスマス!!、ってこの時期に?

おはようございます。朝7時のロンドンは未だ夜の闇の中に沈んだままです。今日はお天気がすぐれないから、今日は太陽の姿は見れないかも、、、。だけど、金曜日。頑張って働かなきゃな。

ロンドン、(多分北海道の位置に緯度があるので)寒いってイメージをお持ちの人が多いように思うんですが、そんなに寒くないんですよ。最低でもマイナス3−4度で、ここまで下がるのは稀。ただ、日本のようにお昼に太陽が出て10度以上に上ったりということがないので、最高気温と最低気温の差が殆どないというのが辛いところでしょうか。

ヨーロッパで寒いのはやっぱり、大陸側でユリ君の住んでる町は今日はマイナス9度だそう。これはロンドンではありえないので、僕としては嬉しいんですよね。

さて、ドイツの話が出たところで、新年が明けたのに時間をクリスマスまで戻しますよ。(このタイミングって、感じなんですがお付き合いください。)

24日にヒースロー空港からドイツ2番目の年、ハンブルクに飛びました。ユリ君が迎えに来てくれてそのまま車で彼の両親の家に。これで彼らに会うのは4回目。快く今回も迎え入れてもらえました。

前回訪れたのが12月の2週目。その時はクリスマスツリーがなかったので、”あれ、クリスマスツリー飾らないんだ。ユリ君は毎年おいてるって言っていたんだけど、、、。”と思っていたのですが、その後友達が”ドイツはクリスマスイブに飾るらしいよ。”という情報をくれて、その通り今回は部屋の中に大きなツリーが。

一番驚いたのはこのツリーを照らしているもの。これ、本物のロウソクなんですよ。これをご飯を家族で一緒に食べたりするときに灯をともします。そしてこのもみの木、ユリ君の両親の裏庭で育ったものなのだそう。

ね、こんな感じで家族が灯をともします。だから、ちゃんと火のことを考えてデコレーションも飾らないといけないんですけどね。これ、素朴だけど本当に素敵ですよね。

あとは、これもドイツの行事だそうなのですがプレゼントを開ける前にはクリスマスの歌を歌うらしんです。今はほとんどしていないみたいですが、ユリ君の家はこれが毎年の恒例行事で、お母さんがわざわざ歌う歌の歌詞をコピーして、歌います。僕も参加しましたよ。ドイツ語だし、聖しこの夜以外は聞いたこともない曲だったので四苦八苦でしたが、楽しいひと時でした。

そしてその伴奏は、お父さんのギターの生演奏と素晴らしい。この家のリビングにはピアノもあって、夕食の準備が完全に揃うまで家族が待っている時にユリ君がピアノを弾いたりして過ごしたりとかなりの音楽一家。

 

お父さんの後ろに見えるのがピアノです。本格的でしょ?

ドイツでの初めてのクリスマス。イギリスのそれとはまた違って、印象的でした。家族の愛っていいなって再確認できた、そんなクリスマスとなりました。

Leave a Reply

Your email address will not be published.