クラスの中ではみな平等

木曜日、ドイツ北西部はあいにくのどんより曇り空。朝はそこまで寒くなくて、コート。はい、4月に入ってもドイツは寒い時はコートがいるんですよ。それが学校が終わった昼過ぎに外に出ると寒い。足早に帰ってきました。

さて、今週は明日が金曜日なのですが今日で授業は終わり。前に聞いた話では月から金だったんですがどうやら変わってしまったようで。もしかしたら3月にクラスがキャンセルになったのもこのシステムの変更があったからではないのかと今、疑っているところ。

学校3日目。だいぶ慣れてきました。昨日のブログについても色々なコメントがあって。特に同じヨーロッパ、ベルギーに住んでいる仲良しのブロガーの人がいるんですが、彼もフランス語を習っていた時に作文などで自分が同性愛の事を踏まえて書いていたらしいのですが、生徒の中にはイスラム圏からの人も多かったらしく先生から気を付けたがいいよとアドバイスをもらったのだとか。ちなみに、彼は首都のブリュッセルに住んでいるんです。それでもそんなアドバイすなんて、ね。なので、当面は何もないような感じで過ごそうと思います。

それとタイミングよく、今日は教室にこのコースをオーガナイズする人たちが訪れて色々なクラスを受けるにあたっての注意事項を伝えてくれました。時間に正確にクラスに来なさいとか、無断欠席の場合はこのクラスを合格できませんだとか。中にはあてられていないのに喋らないとかいうかなり子供じみたものも。その中でみんな色々な考えや信念があるだろうけど、この教室にいるときはみんな平等ですっていうのが。この言い方がヨーロッパらしいなって。だって、日本だったら教室の中だけでなくどこでも平等みたいな感じで言うだろうけど、この教室の中では優劣はありません、クラスの外では自分の信念があるだろうから、それはそれ。その斬新さ。

その後、担任の先生から例が出て、”イスラム教も、キリスト教も平等。若者も年輩者もこのクラスでは平等。”と言うものが、もしかしたら先生、セクシャリティーにも踏み込むかなって思ったのですがそこはなく。

オーガナイザーの話なかで、病気で休む場合は2日までは良いが、3日以上の場合はお医者さんからの手紙が必要だとの話が。後は基本的にどんな理由があろうとも欠席は何の言い訳にもなりませんと。ここで困った。実は4月の半ばに引っ越しをするのですが、その日は水曜日。平日とあってユリ君の友達も手伝えないので僕達2人でするのですが、朝から1日はかかる予定なので学校にいけないんです。それを授業後に担任の先生に話すと、”困ったわね。私ではどうしようもないから、オーガナイザーに聞いたがいいわよ。”と言われ、家に帰ってメールをつたないドイツ語で送ったんですね。ちゃんと念入りに、この日だけであとは全部来れるって、そしたらちょうど今、返信が。1日なら問題はないけど、ちゃんと担任の先生に欠席を伝えて、欠席時に習う所を聞いておきなさい。とのこと。一安心。ただ、”明日オフィスにいるからもっと話したいなら来なさい”と書いてもあったので、これもドイツ語の勉強だなと思って、”明日伺います。”とメールを返したところです。

さて、今日のクラスはとりわけ珍しいこともなく、昨日の様に隣のロシア人のおばちゃんが飴をくれたり、子供が3人もいる中年のお父さんと朝一緒になってクラスに行ったりしたくらいかな。あ、昼休みに話しかけてきた人がいました。

4時間15分の授業時間の中で15分の休憩が2回あるんですよね。僕は基本的に自分の席に座っているだけなんです。特に戯れる友達もいないし、短時間の休憩で外に出るのもね。それで教科書見たり、辞書見たりしてるんですが、ブラジルのおじちゃんが今日は僕の席へ。髪の毛も眉も白髪だから、結構な歳なのかな?ツカツカと僕のところにきて、”はじめまして。”って自己紹介をしてくれたんです。ブラジルおじちゃんはドイツには3年で、お父さんがドイツ生まれなのだそう。それで、ドイツへと来たけれど3年でもうドイツは充分。来年はブラジルに帰ると言っていました。後は、”このクラスは書くことが多いよね。僕はもっと会話をしたいのに。”という事や僕が日本から来たと言うと、”ブラジルにも日本人多いよ。”って話で盛り上がりました。この突然の訪問、なかなか面白いし、僕にとってはチャレンジなんですよね。”いったいどんな会話のジャブが来るのか!”みたいな始まりがあって。僕があんまり喋れないから、会話がしたいけどそこまで喋れないっていう人には僕はうってつけなのかと。

なので、今は僕の休み時間はドイツ語をしゃべりたい人が訪れる場所みたいになっています。こういう時はクラスに一人の日本人って楽だなって。

けど最近、頭の中が困っているようで何語で考えているのかわからなくなる時があるんですよね。英語と日本語だけの時は全くをもって別々に考えていて交わると言う事は殆どなかったのですが、ここ最近、一人で考え事をしていてある地点まで日本語で、何かに気を取られていたら英語になって、そしてその中の一文がドイツ語になっていたりで、なかなかの混乱をきたしているようです。

ユリ君との会話も今ではドイツ語と英語のごちゃまぜな会話で生活中で、それも面白いなって。

次の登校は月曜日。どれまでは少し頭を休めようかな。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published.