人間電池切れからの充電

突然に、まるでケータイの充電が切れるように自分のエナジーレベルが一気になくなることってないですか? さっきまで元気にしてたのに突然に強制終了みたいな感じになること。昨日の僕はそんな感じで、びっくり。

特別に運動をしすぎたとかでもなくて、どちらかと言うといつもよりもだらしない1日を過ごして、仕事から帰ってきたユリ君と一緒に走りに行ったぐらい。その後、いつもなら僕が料理をするのですがユリ君の提案で”ジャンクフードの日にしちゃおう。”ってことで近くにあるユリ君おすすめのハンバーガーなどを出してくれるお店にテイクアウェーをしに。ユリ君が取りに行っている間に僕が付け合わせのサラダづくり。今回のサラダはパプリカ、赤玉ねぎのシンプルなものに。ただ、赤玉ねぎの辛味が強そうだったので小さめの皮まで食べられるブドウをいれて調整。

ユリ君のおすすめのお店のフライドポテトが熱々でしかもカリッと上がっていておいしいこと。塩加減もちょうどよくてマヨネーズもケチャップもなしで食べました。バーガーも大きくておいしかったんだけど肉の感触がちょっと僕の思ったのと違ったので次回はチキンバーガーにしようかなと考えているところです。

そんなおいしいご飯を食べて、今僕たち二人ではまっているアメリカドラマを見ながら夜の時間を過ごしていたのですが、突然に僕の電池切れ。なんとなく自然に夢の中に誘われていくようなそんな感じに。どうにか2話見ましたがすぐにベッドにはいって夢の中に。いったいどうしたんでしょうね。

そんな次の日の朝。頑張りましたよ。

 

アメリカンパンケーキを焼きました。イギリスのパンケーキは膨らし粉がはいっていないので本当にまっ平のペチャンコなんですが、僕が好きなのは厚みのあるアメリカ型。母がよく週末の朝にパンケーキを焼いてくれて、目が覚めると階下から匂ってくるパンケーキの匂いに”今日はパンケーキだ!!”と飛び起きてました。僕の家のはその横に目玉焼きが焼かれていてバターを付けたパンケーキの上にその目玉焼きを載せ、まだ固まっていない黄身を流しながらそれをパンケーキにつけて食べる食べ方が一番好きでした。バターの塩味と黄身の滑らかさとパンケーキの甘みが完璧なコンビネーションなんですよね。

ただ今回はブルーベリーが余っていたので、生地の中にブルベリーを練りこんで焼き上げました。

焼く係は僕で、飾りつけはユリ君。粉砂糖とブルーベリーのシンプルな飾りつけ。シロップはなしでしたが十分な甘み。あ、それと普段は生地に溶かしたバターを入れて焼き上げるのですがバターがなかったので入れずに。そのかわり少量のオリーブオイルを入れてしっとりさせることに。

今日は残念ながら雨の多い1日となりそうですがパンケーキの力で楽しく過ごせそうです。

2 thoughts on “人間電池切れからの充電

  1. お久しぶりです(^^)
    私もつい最近までドイツに滞在していました。カッセルという田舎町でしたが、日本とは比べ物にならないくらい涼しく、過ごしやすかったです。
    生活していると、時には無気力になることもありますよね。だけど、時間が解決してくれたらいいですね。

    1. そっかー。ドイツにいたんだね。しかもそこまで遠くないところに。会えたらよかったね。

      そうなんだよね。無気力が時に襲ってくるよね。わかる。お互いにこれからもしっかりと生きていこうね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *