流石だね、ミシェル オバマ

僕、1番最初に海外を訪れた国はアメリカだったんです。19歳になったばっかりで、1人で太平洋を渡ってオレゴン州に。初めての海外がアメリカに住むというある意味無謀さ。だって、一度としてその時までに日本以外の国何て過ごした事もないのに、旅するのでなくて住む事に決めちゃったんですからね。若さってこんな大胆な事が出来るから、凄いなって今は思います。

そんな僕の海外生活も気がつけば僕の人生の3分の1以上。だから、今日本に帰っても僕は日本人として生きていけるって自信はそこまで無いんですよね。

幸運な事に最初に住んだ国アメリカは僕の肌にあっていました。自分自身のアイデンティティーを探す日々で、その中で色々な人に会い、色々な価値観に触れて、自分の中に無いものを取り込んで消化吸収して。それがアメリカでの日々でした。

エンターテイメント性が高いアメリカ。その少しだけ地に足がついていない感じが良かったですね。それは僕がアメリカでは学生だった事も大きく関わってくるのかもしれませんが。

それでもあの国を支えているアメリカンドリーム的なおとぎの国の遊園地的な感じは他の国には無い様に思います。

そのエンターテインメント性は政治の部分でも色濃くありますね。

イギリス人のJames Cordenが司会を務めるアメリカのTVショー、The Late Late Show。その名物コーナーが Carpool Karaoke。カープールって車社会のアメリカで1人で車に乗ると車の数も増えて交通渋滞も多くなるし、自然環境にも良くない。だから2人以上で相乗りしましょうというもの。その特典として高速にはカープールレーンっていうのがあって、2人以上のひとしかそこは運転出来ない特別区間がもうけられているんです。

このコーナーは司会者のジェームスがゲストを車に乗せて音楽をかけながら歌い、踊るというもの。ゲストも豪華で、アデル、ジャスティンビーバー、レッチリ、グウェンステファーニ、ジェニファーロペスなど。

YouTubeでかなりの頻度で更新されていて良く観ているのですが、今回のゲストがビックリ。

僕のブログのタイトルにある様にアメリカ大統領の妻、ファーストレディーのミシェルオバマ!!

ホワイトハウス内を音楽掛けながら歌を歌う2人が最高。勿論、彼女のメッセージ的なもの『世界の女性にもっと教育の場を!』っということも軽く言いますが、ビヨンセのシングルレディーを振り付けで歌ったりとなんでもありな感じ。

このサービス精神がアメリカだなって思います。だってね、安倍さんの奥さんはこんな事しないですもんね。

この底抜けに明るい感じのアメリカが僕は好きだなって思います。

 

みればわかりますよ。

Leave a Reply

Your email address will not be published.