愛おしいという気持ち

土曜日が到来。ちょっと遅くまで眠り込んで朝ごはん。午前の時間をゆっくりと使えるのは休みの日のいいところですよね。

一人の時間で、自分のリズムを刻める朝の始まり。

それからお昼過ぎにミニの住む町に。数ヶ月前にミニちゃんと、相方のマーロン君は新しい家に引っ越しをしたんですよね。その家、前のに比べてたらもっと大きな庭があるんです。ただ、問題が。庭がジャングル化しているということ。どうやら前の持ち主があまり庭仕事興味がある人ではなかったらしく、植物が伸び放題に。

来年の夏には素敵な庭を作りたいので、秋のうちに庭にはびこる雑草を撤去しようと思ってのこの日。

実は先週も同じことをしたのですが、根っこが蔓延るツタ類や、ブラックベリー(棘が多いんですよ、これ)が好き放題に縦横無尽に庭の土の中に走っているので先週だけでは終われず、、、。昨日の土曜日も引き続きの作業に。

庭仕事は僕、大好きなので苦ではないんですよね。体を外で動かすのって楽しいですしね。

ミニの新しい家、本当に居心地が良くて、昨日も帰宅は午後11時。庭作業を終えたのが午後の4時半で、そこからシャワーを浴びて、夕飯をとってその後はミニ、マーロン、僕の3人でたわいもない話をしながら過ごしました。

ブログを読んでくっる人の中には、”元彼と良くうまくいっているね。”って聞かれることがあるんですけど。本当にうまくいっているんですよね。

知らない人のために、少しだけ今までの経緯を。

ミニと僕はもともとは6年ほど一緒で、或る日突然にミニから別れを告げられたのが4年半ぐらい前かな?それから別に暮らすようになるまでに1年。それからは家族のような関係で、マーロン君はミニの新しい彼氏なんですよね。

”嫉妬とかないの?’って聞かれるけど、本当にそんな感情はないんですよね。それとは逆に(特に最近)”よかった。”て思う気持ちの方が大きいんです。ミニがマーロンという素敵な相方を見つけて、二人で新しい生活を楽しそうに暮らしているその状況が見れて、よかったなって。ミニから別れを告げられて、僕が考えたことが、”果たして別れたい人を無理に引き止めて、それでミニを僕は幸せにできるかな?”ってことだったんです。逃げていくものを追っても、いつかは逃げてしまうのではないか?じゃ、今、彼が幸せになれると思っている最善の選択をさせてあげるべきだなって。

それからミニは、マーロンという素敵な(僕が思うに、マーロンというパートナーのほうがミニにはいいなって思うんですよね。僕といた時とは違うミニの勇ましい姿がよく最近は見れて。)パートナーを見つけ自分の幸せにちゃんと忠実に生きていることが、僕にとっては幸せなんです。

”あの時、僕の感情だけを優先してミニを引き止めなくてよかった。”って。

天気が良ければ来週も庭仕事を手伝いに。また、あの二人の生活に少しだけお邪魔ができると思うと今から楽しみでなりません。

ミニとマーロンは僕にとっては家族の一部で、本当に愛おしいと思える存在なんです。

4 thoughts on “愛おしいという気持ち

  1. 素敵なことだね〜♪ そういう心があるTak君はとても素敵だね。読んでいて心が温まりました。ありがとう!

    1. ありがとうございます。

      今はドイツ人のパートナーと仲良くしています。

      また遊びに来てくださいね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *