人生は1年で変わる

雨の音で目を覚ました土曜日の朝。

”今日はゆっくりと遅くまで眠れるんだ。”と思って、温かな毛布の中で考えることのできる幸せ。週末の朝のいいところですよね。

空は重たいグレーの空ですが、家の中ではヒーターが入ってちょうど良い室温。足は少しさもうさを感じるけど、裸足でいても大丈夫な温度設定が僕はこの晩秋を感じられて好きなんですよね。夏の暑さにはない、寂しさが際立って。

ちょっとメランコリーな気持ちで1年前の自分のブログを見ていたんです。1年ぐらい前の記事はパリで起きたテロについて書いた記事。その年の初めのベルギーでのテロとヨーロッパ中に恐怖を振りまきました。

あれから1年。イギリスは国民投票でEU脱退を決め、先日のアメリカでの大統領選挙ではまさかのトランプ氏の当選。僕の地元は地震で大災害を被って、その後、火山爆発。世界って1年でこんなにも目まぐるしく変わってしまうものなんですね。今まで信じていたものや物事が、次の日には全く違ったものになっている。何かヨーッロッパ、北米の動きを見ていると第2次世界大戦の前触れのようなことが数多く起きていて、不安をおぼえるの僕だけでしょうか?

今まで書いたこの一年は気が滅入ってしまいそうなことばかりですが、たった365日の中でも素晴らしい方に人生が180度変わることもあるなって思ったのがこの一年でもあります。

ユリ君と出会ったのが去年のクリスマスの日。それからドイツとイギリスの遠距離で、だけどかなりの頻度でお互いに行きあって仲を深めてきました。ドイツ語を僕は勉強し始めたし、ドイツ人の性格や国民性、文化などをユリ君やユリ君の家族を通しれたことは面白い経験でした。

世界情勢も個人の1年も、もしかしたら或る日突然、ある出来事、ある人との出会いで今までと全く違った世界に連れ出してくれこともあるんだなって、思います。

そんなことを考えている土曜日の正午です。

Leave a Reply

Your email address will not be published.