カモとガチョウの日

気が付けば2018年もすぐそこまでに迫っているのでね。師走と言われる今月は皆さんも、忘年会、クリスマス、大掃除などの新年へと向けた準備でお忙しいのではないでしょうか?また数日間ブログを書かないでいたのですが、じつはちょっとユリ君の両親の家に行って早めの家族ディナー会があったのでその間お休みしてました。

また、日常生活に戻ってやっとブログを書いていると言った状況です。

日常の生活に戻って、朝6時15分の起床をしているわけですが、どうやら頭の目覚めは肉体的な目覚めよりも少し遅いようで、、、、。昨日の朝に少しアップテンポの音楽を聴いて早朝のストレッチ代わりの躍っていて、歌詞の中にDOWNっていう所で弾みよく左手を下げたら僕の左頬に命中、、、。朝と夜にしかかけない眼鏡で距離感が狂ったのか、頭が眠っていたのかわかりませんが自分で自分を殴ったことにまず驚いて一瞬の放心状態。床に落ちた眼鏡を拾ったら、どうも左の頬がいたい。鏡を見たら少しだけ切り傷に、、、。親指の爪でやってしまったみたいです。36歳。人生学ぶものは多いですね、いまだに。

話を先週末に戻します。

いつもブログを読んでいる方たちはお分かりの様に、ユリ君は兄弟が多いんですよね。ユリ君を合わせて6人兄弟。ただし、上の4人はお父さん、お母さんがひとつ前の結婚の時にできた子供なので、ユリ君はこの4人とは仲がいいものの年齢差もあるし、一緒に住んではいなかったんです。100%血がつながって、一緒に住んでいたのは下の妹のみ。なので、家族が集まるクリスマスの時期は何かとスケジュールを考えるのが難しいんです。特にその兄弟たちが結婚してパートナーができると。

大体は今年はクリスマスを片方の家で、次の日をもう片方の家でというのを毎回入れ替えながらしているようですが、僕は日本人でクリスマスに家族で集まるという習慣もないし、お正月に日本に帰るのはとても遠いので、ミニの時もユリ君の時も彼らの親のところで過ごすので何も問題はないのですが。

そんなちょっと複雑な家族環境にあってか、ユリ君の両親の家では毎年、2回クリスマスのディナー会が開かれます。1つはクリスマスの日に、そしてもう1つはクリスマスの数週間前の週末に。その日はカモとガチョウを食べるので、”カモ、ガチョウの日”と呼ばれています。

今年はみんなの都合で12月の最初の2週にこのカモの日を実施することができず、クリスマスの1週間まえの週末に。

デンマークから2家族、ユリの両親、ドイツにいるユリの2家族、そして僕たちの総勢14名。もちろん、家族で食べるご飯なので座って、一緒に食べます。

見ての通り、かなりギチギチなんですけれどね。けど、このテーブルやいす、それに照明も素敵だと思いませんか?この家にいると落ち着きます。

料理はネギのビシソワーズで始まり、メインはガチョウのオーブン焼きと、グリルされたカモとキノコを合わせ絶品で、付け合わせにビートルートの細かくなった煮物、青野菜のクリームソース和え、ジャガイモをボール状にして茹でたダンプリングが。

去年、初参戦した僕はこれが2度目。回数を重ねるたびに仲良くなっていく感じが増して、自分の子の家族に少しづつ溶け込んでいくんだなって思います。家族で行ったホリデーとか、それぞれの人の仕事や近況なんかが語られ前よりも少しだけその人の事を詳しくなっている自分がいる。これって地味だけど、幸せな事ですよね。

そういえば、ユリ君の家に行って一度も”お客さん”扱いされたことないなって思います。日本だと、”何が食べたい?”とか、”もう少し、何かを持ってきましょうか・”なんて聞かれることが多いけど、この家でそんなことはないかも。もちろん、”何をご飯の時には飲みたい?”とかは聞かれるけど、必要以上に気を使って心配されたことはないかも。だから、居心地がいいのかもしれませんね。

今回も屋根裏から椅子を運んだり、食べたも食器を片付けたり、外の鳥のえさ場にエサを足したりとお手伝いしてきました。

そう、そしてまた僕たちは今週末にはユリ君の両親の元に戻って、クリスマスを過ごします。今回は人数も減ってクリスマスイブのディナーは6人だけ。それはそれで、また楽しいものになりそうです。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published.