最後の瞬間にもし、、、

木曜日の夜。あともうすこしで週末ですね。待ちきれなくて、ちょっと強めのお酒で。ウォッカ、レモン、バーモスとブルーベリーとチェリーのジュースを氷で割ったカクテルで素敵な週末のお祝いをしている僕。来週は職場のマネージャーが2週間ほどホリデーなので、僕がお店のマネージメントをするので頑張らないと。それもありの、早めの週末の始まりです。(明日はもちろん、仕事なんですけどね。)

少し前の記事で、”僕はよく悪夢を見る。”ってかいたのですが、最近見たのがちょっと新鮮で、おすそ分け。

悪夢をおすそ分けっていうのもなんですが、何か妙に考えさせられる夢だったんですよね。

安楽死、ご存知ですか?末期の癌患者の人など、もう治る見込みがなく、これからは苦しみの果てに死しかない。そんな状態の人に、安らかな死を選択するもの。スイスではかなり昔から、世界でもベルギー、オランダ、アメリカ数州では合法化せれているこのシステム。

イギリスでは違法なので、出来ないのですが。時に新聞の記事に、安楽死を求めて合法の国に行って、最後の晩餐を家族としてその後眠るように亡くなったという記事とかが出ることがるんですよね。尊厳死ってったりもするようで。苦しみもがきながら、最後を迎えるより自分の好きな人に囲まれて自分のしっかりとした意識のまま死んでいきたい。確かに僕も理解できるなって思える尊厳死。

この前見た夢は、ベッドに横たわる僕。そして、ベッドの隣にいるのはお医者さん。その時点でわかっているのは、”僕はこれから苦しみを味わうしかない人生なんだ。それならば、その前に幕を下ろそう。”という思い。

そして僕の腕に注射される眠りを誘導し、僕を死へと導いてくれる薬品。

少しずつ眠りにが訪れて瞼が重くなってくる自分。そして不意にある感情が僕に去来する、”本当にやりたいこと全部したのかな。最後にもう少し会いたい人はいなかったっけ。あれ、今死ねるのかな?後悔はないのかな!”って焦って思っている感情とは裏腹に少しづつ死の眠りへと落ちていく僕。

そこで目が覚めたんですよね。けど、目が覚めたらベッドの上なので、その後の数分間、自分が死んでいくのか、どれが現実で夢なのか区別がつかなくてもの凄く狼狽えてしまいました。

これは夢としては怖いけど、このような思いがもしかしたら安楽死の時によぎるのかなって経験を出来たことは良かったなって思います。

人生悔いのないように生きていかなければなりませんね。悪夢は時に人生の教訓だなって思ってます。そうすると、少し悪夢も愛らしく思えるので。

夢の記憶

曇り空の日曜日。電車に乗ってロンドンへ行く電車ではなく、反対側へと向かう電車に乗って降りた駅はKちゃんとA君の新居がある町。

これでこの町を訪れるのは2回目。静かな町中を通って彼らの家に。前回、訪れた時には家を購入したばっかりで殆ど家具がなかった家の中が、今回は明らかに生活感がある素敵な空間に仕上がっていました。

それからミニとマーロン君も参加して5人でレストランへ。皆でトルコ料理店で美味しい物とワインをシェアして大満足。それからKちゃんとA君の家でゆったりとした時間を。最初は庭で静かな時間を過ごして、リビングに移ってEU離脱の話でかなり盛り上がり、その後地下に移動して音楽を聴きながら5人で踊り狂って気がついたら夜の9時半。

少し酔った頭で夜道を帰っていたら、朝方みた夢の記憶が蘇って来て何となく寂しくなってしまって。ちょっとだけ視野がボケちゃった、そんな帰り道。

朝方に見た夢。

小さな犬が僕の前を歩いていて、”助けなきゃ。”って思いがあって一生懸命に犬との距離を縮めて助けようってするんだけどあと少しって所で犬が突然倒れて死んでしまうんですよね。すると、また最初に戻るんです。けどね、ちょっと時間の流れがスローに。”これなら救えるかも。”と思うんだけど結局、死んでしまう犬。これが2回程繰り返されて、段々遅くなってくる時間の流れで実は犬をもの凄い速さで殺す人間がいた事を発見した自分。

”よし、アイツを殺してしまえば、あの犬が救われるんだ。”

そう思って素早く動く黒い影の人間に近付いて持っていたナイフでその影に向かって刃物を突き立てる僕。するとその影の頭が僕の方に向いて目が合う瞬間。

その影が実は自分自身であり、その驚きと衝撃。

夢はそこで覚めて、呼吸が荒くて心拍数が高く自分がベッドの上に。

今夜は一体どんな夢を見るのでしょうね。